合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

静岡大学
人文社会科学部/昼間コース学部

no image

写真

尾國智哉くん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 岡山大安寺中等教育学校

東進入学時期: 高3・1月

この体験記の関連キーワード

スキマ時間にも勉強に取り組みやすい

 僕が志望校に合格することができた理由としてはまず高速マスター基礎力養成講座の存在が挙げられると思います。僕は東進に入学するまでは特に英単語の暗記がうまくできず、英語の成績が伸びない大きな原因となっていました。学校の単語帳などで暗記しようと努力していたのですが、覚えては忘れ、覚えては忘れるという典型的な悪循環に陥り、ほとんど進展がありませんでした。

しかし、東進に入学してから高速マスターの英単語を毎日やるという習慣をつけたことによって、単語の知識量不足で長文が読めないということは劇的に減りました。東進の高速マスターは自分の間違えやすい単語は何度も出てくるので、単語帳時代に何度も忘れていた単語も記憶に定着させることができますし、一回にテストする単語量も10~100単語まで細かく調節できるので帰る直前などのスキマ時間にも取り組みやすいところが良かったです。

また、東進の授業も合格の決め手となったと思っています。僕が特にお勧めするのは安河内先生の英語の授業です。僕は共通テスト対策と会話文の対策講座を受講しましたが、ただ知識を詰め込むのだけでなく、その知識をどう活用するかに重点を置いた授業は情熱にあふれており、もともと英語という教科があまり好きでなかった僕のような人間でも受講が終わった後は英語への苦手意識を克服することができました。また、安河内先生の授業は海外で実際に英語がどう使われているのかや、英語圏の文化について話すことも多いため、英語そのものへの興味を持つことができ、勉強のモチベーション維持にも役立ちました。

また、受験直前期になると始まる志望校別単元ジャンル演習講座も初めはその膨大な量に圧倒されると思いますが、国公立の2次試験に必須である筆記力を丁寧な添削によって鍛えることができ合格への大きな力になると思います。

僕は大学に入ってからは司法試験に挑戦してみようと考えていますが、その勉強でも東進で培った勉強習慣は大いに役立つと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強計画や入試の情報など自分一人では作ったり集めるのが難しいことについて真摯に相談に乗ってくれ、常に励ましてくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自身の体験などを交えて有効なアドバイスをたくさんくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国統一高校生テスト

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

全国での自分の立ち位置について知ることができるので今後の勉強のペースの参考にできるから。

Q
東進を選んだ理由
A.

学校の友人の大多数が東進に行っており、評判を聞いていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強の進捗状況を比べることが楽しかったです。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

好きな先生の授業を受講すること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

法律が学べる大学に行きたかった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自己実現の手段。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

法曹になること。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
基礎知識について効率的に学習することができるから。

学力POS
自分の学習状況が一目で分かり、学習計画が立てやすいから。

確認テスト
学習の定着を確認することができるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 大学入学共通テスト対応 Listening&Reading対策 】
共通テストの勉強法から問題演習まで網羅されており、共通テストのことがよくわかっていない初学者にもわかりやすいから。

【 会話文(私大型) 】
私大対策だけでなく一部の国公立にも出てくる会話文の解き方について、段階を経て理解できるようになるから。

【 記述型答案練習講座:上位大対策 自由英作文 】
自由英作について基礎から学ぶことができるから。

静岡大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2