合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
情報理工学院

no image

写真

廣瀬拓海くん

東進ハイスクール大泉学園校

出身校: 大泉高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 硬式テニス部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

効果的な勉強法

 僕は東進に約1年間通い、最終的に東京工業大学の情報理工学院に合格することができました。東進での勉強において僕が効果的だと感じた教材およびその使い方を2つ紹介したいと思います。

一つ目は過去問演習講座です。これは志望校の過去問を10年分採点してもらえるものです。これを8~10月までに8年分ほどやり、しかも合格最低点を越えられると後々の勉強に余裕が持てます。8年分としたのは直近2年分は直前期に解くのがよいと思われるからです。過去問は何回もやって得られるものもありますが、やはり初見で対応できるかがより重要だと感じました。合格に近づく一番の方法は過去問を本番と同じような状況で解いた上で合格最低点を上回ることです。模試は判定がどうだったかよりも、緊張したか、しても立て直せたか、とか普段と何が違ったか(字の綺麗さ、考え方など)を記録して自分の癖を見つけるとよいと思います。

二つ目は志望校別単元ジャンル演習講座です。数学、物理、化学の場合にはとにかく数をこなして1.苦手分野を克服 2.典型問題をすらすらと解けるようにする 3.レベルをあげて思考力を鍛えるという3つを意識するといいと思います。習得率100%にするのは結構時間がかかるので早めに始めるのがよいと思います。

上記のように勉強方法を工夫するのも大切ですが、これと同じくらい大切なのはやはりモチベーションです。やる気を維持する方法は色々あると思いますが、どんな理由であれ勉強を楽しむことが一番良いと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

近かったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他の人の記録も見ることができるので周りに努力量で負けていないかを確認していた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高3の5月頃が成績があまり伸びていなかったので辛かった。とにかく勉強して改善した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ部活の生徒と成績を競い続けた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

情報技術を学ぶのにはうってつけだと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

学問における一般教養を身につける期間

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で学んでから具体的に決めようと思っている。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京工業大学 】


【 微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編- 】


【 数学ぐんぐん[応用編] 】


東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 65