合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
理工学群

no image

写真

金澤澄人くん

東進ハイスクール柏校

出身校: 東葛飾高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

それぞれで自分に合った勉強法を見つけることが志望校合格への近道

 僕が東進に入ったのは、2年生の4月です。1年生の頃から英語の成績が振るわず、学年でも下から数えた方が早いような学力で、危機感を覚えたため、体験授業を受けて、その後に東進に入学しました。

英語では、高速マスター基礎力養成講座で力をつけることができたため、学年で中位から上位の順位を取れるようなレベルまで引き上げることができました。しかし、数学・物理・化学に関しては、解法の暗記になってしまっていたため、思うように成績が伸びませんでした。

学校が休校になった直後の高2の3月もあまり勉強していなかったため、学力は向上しませんでしたが、4月から7月にかけては、「スタンダード物理」や「テーマ別数学」、「難関化学」のテキストを使って、基礎を固めることに専念し、8月からは、過去問演習講座に取り組み始めました。

筑波大学の数学に慣れるのに時間はかかりませんでしたが、理科は時間との戦いだったので、できるだけ短時間で仕上げられるように志望校別単元ジャンル演習講座を通じて様々な種類の問題に触れました。僕はわからない問題に時間を掛けてしまっていたので、時間を意識できるようになったのは共通テスト後でした。

僕は、学力を向上させるためには、自分が納得するまで一つの問題に取り組むことが良いと思い、そのスタイルで進めてきましたが、それとは逆に分からなかったら解答をすぐに読んで、同系統の問題に取り組む、というやり方が適している人もいると思うので、それぞれで自分に合った勉強法を見つけることが志望校合格への近道だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分のスケジュールにあった受講計画を立ててくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

話すことで受験に対する緊張感が和らいだ。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

有名大本番レベル記述模試(現:全国有名国公私大模試)

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

同じ大学を志望する受験者と自分の位置を確かめることができるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で自分のタイミングで受講ができたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループの人たちと話すことで勉強の息抜きになった。グループの人たちと一緒に大問別演習の国語の問題に取り組んだこと。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英語を読む上で基礎力を養成することができるから。

過去問演習講座
10年分実施することで、志望校の傾向をより深く知ることができるから。

志望校対策特別講座
志望校にあった様々な大学の問題に触れることができるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
物理の基本を分かりやすく解説してくれる講座だから。

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
志田晶の授業は数学を扱う上での、新しい視点を手にいれることができるから。

【 難関化学PART2 】
ただの暗記ではなく、化学を根本から理解することができる講座だから。

筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2