合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

松島弘汰くん

東進ハイスクール北千住校

出身校: 白鴎高等学校

東進入学時期: 中3・8月

所属クラブ: 卓球部

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

受験は長く大変だが、ペースを崩さないことが大事

 僕が東進に入ったのは中学三年のときでした。東大を目指しだしたのは高一のときでしたが、長いこと東進で勉強した成果が実ってほんとうにうれしく思います。僕は数学特待で東進に入っており、もともと数学が好きだったので、大学では数学を頑張って勉強していきたいと思っています。

ここで後輩へのアドバイスとして、僕の成績の推移と東進の活用法について話したいと思います。まず、一次試験についてです。僕は一次型の模試は基本的に東進のものをすべて受け、あとは学校で必須のもの、二次型模試とのドッキング判定が出来るもの、直前期のもの、というポイントで受ける模試を決めていました。一次は出来があまりよくなく、夏は600点程度、秋は700点程度、冬は750点程度で、最高でも785点でした。しかし本番では813点をとることができました。本番直前にもっとも点が上がるので、模試が悪くても一月の勉強を頑張ることが大切だと感じました。

次に二次試験についてです。僕は東進や他の予備校などの全ての東大模試を受けました。判定を順にあげると、DCCDABACCとなります。C以上をキープすることが出来ればいいと思います。僕は二次試験の対策としては主に東大特進を活用していました。

また、過去問演習講座もよかったと思います。受験は長く大変ですが、ペースを崩さないことが大事です。疲れたら適宜休憩しながら、計画をしっかり立てて頑張ってください。応援してます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東大受験を経験していたこともあり、相談しやすかった

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

問題をもってきてくれて、みんなで解いたりするのが楽しかった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

問題をみんなでといた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

いったん受け入れてひたすら復習

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

好きな教科をはさむ

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

友達に誘われた

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

きつかった

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
周りと早い段階から差をつけられるから。

実力講師陣
特に数学で先生がいいと感じたから。

担任指導
受験に大事な相談相手だから。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
物理が原理から学べるのが楽しく、勉強が苦じゃなかった。とくに受験において課題となる二体問題について深く学べたのがよかった。

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
添削が丁寧で力になった。また、解説授業も分かりやすくよかった。過去問を10年やるのが当たり前と思えたのもよかった。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 19