合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
理工学部

no image

写真

大澤紘人くん

東進ハイスクール船橋校

出身校: 千葉高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

後悔なく受験生活を終えられた

 僕がおそらく受験生の中では多数を占めるタイプだと思うので参考にしてほしいです。

僕は将来の目標や夢が全く分からず、東進に入学したのは高2の12月でした。そこから必死に勉強をしたのですが、公立高校の進度の遅さも相まって、模試ではE判定しかとれなかったことは非常に辛い思い出です。

東進で学ぶ後輩の皆さんに伝えたいことは、経済面に余裕があれば惜しみなく東進に行ってほしいということと、東大特進を利用して欲しいということです。特に東大特進の教材は良質なものが多いので得られるものが非常に大きかったです。

今後は大学内でコミュニティを広げ自分の強みや個性をたくさん発見したいなと思います。東進のおすすめの講座はハイレベル物理と数学の真髄です。東京一工を目指す方々は、全員受講してほしいなと思います。

苑田先生の物理は凡人には中々理解が困難ではありますが、凡人で物理が苦手な人こそ受けるべきだな、と物理が苦手だった僕は思いました。参考までに僕は、とりあえず一周受講して板書を見ながら復習をして、東大特進の東大物理を受講しました。初めはよく分からなかった苑田先生の言っていることがスッと頭に入ってそこから一気に物理の成績が伸びました。

続いて数学の真髄ですが、数学の成績が伸び悩んだ9月に東大特進の方をとりましたが、通過領域や図形が特に分かりやすく、逆像法やベクトルの理解が深まりました。時間に余裕がある人は通期の方をとってやるといいと思います。

後悔なく受験生活を終えられました。是非、参考にしてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験校に迷ったときに親身になって相談に乗ってくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験校に迷ったときや、成績が伸びず不安な時に前向きな言葉をかけてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解説授業で復習が充実したものになるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活をやりながら自分のペースで受験勉強を進められる、最も良さそうな予備校だったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

同じ部活の人と競い合ったり情報を共有したりすること。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習で担任助手の方々が接しやすいと感じた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

数学の成績が伸び悩んだときは、東大特進の講座でとにかくインプットすることで、また成績を伸ばすことができた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格した時に一番喜んでくれる人のことを想像すること。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

高校受験の時より険しい戦いであり、世の中の厳しさや上には上がいるという社会の理を学ぶことができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

本当に信頼・尊敬できる人についていき、そういう人を全力でサポートできるような人になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
解説授業を受けられ、復習が充実したものになったから。

過去問演習講座
復習がしやすく、採点基準が把握できるから。

高速学習
部活をやりながら受験勉強が進められる。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
物理の公式の理解や物理的試験が深まるから。

【 ハイレベル物理 電磁気学 】


【 ハイレベル物理 波動・熱力学 】


慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9