合格

ぞくぞく公開中!1556人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

鈴木大晴くん

東進ハイスクール八千代台校

出身校: 成田国際高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 英語ディベート部 副部長

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

勉強を続けるには自分自身で目的を見つける必要がある

 僕が東進ハイスクールに入ったきっかけは、高校受験での失敗でした。高校に入ってからは勉強を頑張りたい、という思いを待っていた時、東進のCMをテレビで見て、東進に入り受験勉強を始めることを決意しました。

正直高校一年生から受験勉強へのモチベーションを保つのは容易なことではありませんでした。そんな中で今井宏先生の英語C組・基礎力完成教室に出会いました。この授業では英語の文法などの基礎力を付けると同時に、今井先生のおもしろい雑談や勉強のやる気を引き出す小話をたくさん聞くことができました。そのおかげで、英語の力を早いうちから付けることができました。もちろん上に述べたとおり良質な授業を受けることで勉強のモチベーションを高めることができます。

しかし勉強を続けるには自分自身で目的を見つける必要があります。僕は受験勉強を続けるなかで、自分を支える志を見つけ、それを心の支えにして勉強に励みました。またそれだけでなく、志望校の歴史や創設者について知ることも受験のモチベーションアップに繋がったり、志望校選びの手助けになると思います。実際に僕が慶應義塾大学の受験を決めた背景には創設者である福澤諭吉の著作を読み感銘を受けた、ということがありました。

受験勉強を通じて僕は自分なら社会で起きている問題や困っている人を自分の手で救うことができるかもしれない、という自信を持ちました。僕の志は将来国家公務員になって、差別や社会的なシステムによって自分の力ではなかなか幸せになることが難しい人が幸せになることができる社会をつくる、というものです。

きっと受験勉強は皆さんにとって大変かもしれません。ですが自分なりの勉強する目的を見つけて、自分の努力を他人のために使える人間になってください。僕も先に大学で頑張っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試後などで落ち込んでる時に、励ましてもらえた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

日々の面談を通じて、勉強計画をつくる手助けをしてもらった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

二か月に一回あるこの模試は基礎力を測り、勉強を進めるための指標となった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

CMをみて有名講師の授業を受けたいと思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

お互いの進捗状況を知らせることで、刺激し合った。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

同じ境遇にある仲間と志を共有し共に勉強することで、高めあった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

志を思い出し、担任助手の方に励ましてもらった。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
出題形式が大幅に異なる大学を併願する際の対策に役立った。

過去問演習講座
講師の解説授業によってただ解法を教わるだけでなく、有効な勉強法なども知れた。

公開授業
有名講師に直接会うことで勉強のやる気を引き出せた。

Q
おすすめ講座
A.

【 慶大対策小論文トレーニング 】
実は慶應義塾大学受験において配点が高いが、対策が難しい小論文の対策を具体的に教わり、それを実践することができた。

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11