合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
物質理工学院

no image

写真

松浦英晃くん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 倉敷天城高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 硬式テニス 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

受験に挑むのは一人ではない。周りには、ともに受験に挑む仲間がいる

 東京工業大学に合格した今の心情としては、安心と、まだ信じられないという気持ちです。

前期試験前はある程度の自信と不安とが混ざり合っていましたが、自分の中での手ごたえが全然だめだったので、半分諦めの感情を持ちながら発表を待っていました。合格の瞬間は本当にうれしかったです。

高3春の東進入学から一年間、僕は自粛期間を除いて、ほぼ毎日東進に通い続けました。そして東進という学習に集中できる環境で毎日長時間学習できたことが東工大合格の一つの要因だったと思います。これを読んでいる後輩もできる限り毎日東進に通い、東進という素晴らしい環境で毎日勉強してほしいと思います。

東進のコンテンツとして僕が一番おすすめしたいのは志望校別単元ジャンル演習講座です。これがなければ多分僕は東工大に合格できていませんでした。単元ジャンル演習は、いわば、自分のために作られた最強の問題演習キットです。これをやりこむことで膨大な演習量を得ることができます。また、最初できなかった問題に対し、その類題が解けることで、自分が成長しているという達成感を得ることができます。

僕は、この単元ジャンル演習を初期の30セットを早期に終わらせて、そのレベルとその次のレベルまでとことんやりこみました。それによって演習量とともに自信もついていきました。ぜひ最大限活用してください。

これから受験期を迎える後輩にもう一つ知っていてほしいことは、受験に挑むのは一人ではないということです。周りには、ともに受験に挑む仲間がいます。僕はこの一年その仲間に何度も救われてきました。仲間と高めあい支えあうことによって自分は受験を乗り越えられたと思っています。

後輩にも、ともに走る仲間を大切にしてほしいと思います。僕にはまだ将来の夢というものはありませんが、まずは東工大で一生懸命に楽しく大学生活を送り、その中で自分の将来したいことを探したいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試ごとの面談で、次の模試までの学習方法やそれぞれの教科をどのように学習していくかの助言を受けることで、学習の指針が立ち、落ち着きを持って勉強することができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕と同じ高校出身の担任助手の方と、学校行事の話や、先輩の話で、少し盛り上がることができ、長時間の勉強の息抜きになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試前にぜひ自分の目標点数を決めてほしいです。目標を決めること、そして、復習を欠かさず行うことで、ひとつひとつの模試に意味が出てきます。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

一つ目は東進だと自分のペースで学習ができることです。これはマイペースである僕の性格にマッチしていました。二つ目は東進の模試の多さです。これによって自分の課題を定期的に見直すことができると感じました。三つ目は学校の友達からの情報です。東進での実際の学習の様子を聞けたことは非常に大きかったです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕が今一つ考えていることとしては、東京工業大学を経て、大学または企業の研究者として、マテリアル関連の、地球規模で役立つ研究開発を行っていきたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
高速マスターの、特に英語は、毎日の積み重ねが本当に力になります。受験に必須のものが網羅されており、また、習得済みのものも毎日行うことで、自分の武器となります。

志望校対策特別講座
志望校別単元ジャンル演習講座は、ぜひ時間の許す限りやり切ってほしいです。これをやり込むことによる演習の量の増加は、入試に向かう上での自分の一番の自信となります。

東進模試
回数の多い東進模試はできる限り活用してほしいです。目標を立て、模試を受け、復習をするという一連のセットは、普段の学習よりも大きいものを得られます。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関物理 PART2 】
受験電磁気学の早期習得により、電磁気分野が僕の得点源となり、物理に自信が持てるようになりました。この講座と演習をやりきることで、日本のすべての大学の入試電磁気が解けるようになります。

東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6