合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
看護医療学部

no image

写真

横井寿光くん

東進衛星予備校前後駅校

出身校: 刈谷高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 水泳部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進は僕の夢を現実にするために、背中を押してくれる場所

 僕が東進生になってからずっと自分の中に掲げていたモットーは「何があっても東進の課題はこなす、完璧にする」でした。僕は東進に入る2年生の終わりまで勉強とは無縁の生活をおくっていました。昔から深く考えすぎてしまう性格で、いつも勉強する前に「成績を伸ばしたい」ではなくて「何でこんなことやるんだろう」「これが将来なんの役に立つんだろう」などめちゃくちゃ考えてもがいてもがいて、結論「やらない」に至っていました。そして、いつの日にか勉強に対しては見向きもせず、「勉強しない」と決め込むようになっていました。今となっては逃げていただけだったと思うのですが、当時の自分はそのことを正当化して、やらない道に進むことしかできませんでした。

でも、そんな僕にも一筋の光はあって、それは現実に対して「本当は変えていかなければいけないなぁ」「いろいろ考えるけど、結局はちゃんと勉強して賢くなりたいなぁ」と心の中では思えていたことです。そんな時期に東進に入って、自分をもう一度客観的に見つめ直すチャンスを得ることができました。もともと東進に入るきっかけになったのは折込チラシで、正直そんなに強い気持ちで入学したわけではありませんでしたが、今考えてみるとだらけた高校生活を変えるとても大きな分岐点だったような気がします。

そして、教室の様子、合格報告会などいろいろなことを見たり聞いたりして、自分はやっぱり未熟だなぁと思い始めました。それから、冷静に物事を判断し、成績を上げるべく前述のモットーを掲げました。その後はどんなことがあってもこの精神は曲げずに1年間戦うことができました。

もちろん、そんなに単純にいかないこともありました。学校の課題とか、友達のこととかあいかわらず考えこんでしまうことは頻繁でしたが、他は多少欠けても東進の担任の先生からの課題だけは絶対に完璧にするように意識しました。なぜなら、僕は大学合格という大きな夢を持ち、且つ東進はその夢を現実にするために背中を押してくれる場所だからです。

僕はこの1年間で幸運にも様々なことを学び、成長することができました。1か月後はこの成長が当たり前の世界に突入し、その後ももっと厳しいことが待っていると思います。それでも、東進生として努力したこの1年を決して忘れず、前向きに努めていこうと思います。わくわくした人生がおくれるように頑張ります。本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕はメンタル的に弱い部分があって、勉強中に何度も心が折れそうなことがあったけど、その度に相談して支えられ、勉強を続けることができた。講座に加えて小論文の指導をしていただいたが、最初は苦手で点数が全く足りていなかったけど、厳しい指導を受け最後は合格点まで到達することができた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

特に最初は分からないところがたくさんあって、何度も質問しにいっていた。それでも、いつも分かりやすく丁寧に教えてくださって、点数を上げることにもつながったし、精神的にも助けられた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

1個前の結果と比較することで、自分が2か月間でどれだけ成長できたかを知ることができた。また、新たな課題を見つけることもできた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

一流の先生が提供する授業を、一時停止したりしながらじっくりきける映像による授業のシステムに魅力を感じたから。最寄り駅の目の前にあって、効率的に勉強できると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一緒に戦う友達の姿を見て刺激された。毎回行われる単語テストでは、友達の点数を横目で見たりしながら、密かに競い合うことができた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

1、2年の時にそれらを全力で楽しむことで、高校生活を悔いのないものにすることができた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

合格者報告会では、かっこいい先輩たちの姿を見てかなり刺激された。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

共通テストが終わった後の1週間は勉強が思うように進まなかった。でも、支えてくれた周りの人や、1年間の自分の努力を思い出し、最後に全力を出し切ることができた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

音楽を聴いたり、隣のスーパーマーケットに散歩をしに行ったりした。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

ここの大学を目指して全力で努力することが、大学生活や、さらにその先の未来をより充実したものにすることにつながると思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を大きくステップアップさせてくれるものだった。また、受験勉強をすることで改めてしっかりと自分を見つめ直すことができた。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

だいたいの方向性は決まりましたが、まだ明確な将来の夢は決まっていないです。ただ、自分から活発に行動し、直接的に人を支え、笑顔にするような職業に就きたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
英文を読むことに対する抵抗が減ったから。受講を進めるにつれてどんどん読解力が上がっていることを感じることができたから。

【 高等学校対応数学Ⅰ・A基礎演習 】
分かりやす過ぎる大吉先生の授業を見て、一気に基礎力を定着させることができたから。

【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】
繰り返し取り組むことが実力アップにも、共通テスト慣れにもつながったから。

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9