合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京都立大学
都市環境学部

no image

写真

草間周平くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 山岳部 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

意識が高い生徒がたくさんいる東進だからこそ勉強できて合格した

 僕が合格することができたのは、東進に入って、意識が高い生徒がたくさんいる環境で勉強できたからだと思います。僕は正直に言うと勉強することが嫌いでした。集中して勉強することが苦手でした。特に英語は勉強しても成果が出にくく、単語帳からは目を背けてしまっていました。でも東進に来ると、皆が当たり前のように勉強してます。それを見ると自然に「僕も勉強しなきゃ」という気持ちになれるのです。

そのおかげで、分からない問題も放り投げずに分かるまで考えることができるようになりました。時間をかけて考えることで、「なんとなく分かった」で終わらずに「完全に理解できた」になり、分からなかったはずのその分野が得意分野になります。このような勉強の仕方で、高校で平均点程度だった物理が得意教科になりました。また、目を背けてきた英単語は、高速マスター基礎力養成講座を利用して繰り返し勉強することで、少しずつ覚えていくことができました。覚えられてない単語を繰り返し学習できるので、苦手な僕でも他の単語帳より効率よく単語を覚えることができました。

そして、共通テスト直前の英語の正月特訓も良かったと思います。正月からダラけずに共通テストに備えることができました。最初にも述べたように、意識が高い生徒が集まる環境で勉強することで、僕自身も高い意識を保つことができます。自力でモチベーションを上げることは簡単ではありませんが、人間は環境に影響されるので、周りの意識が高い環境に飛び込めば自然と自らの意識も高くなるのです。

大学に入ってからも、意識が高い学生が集まる環境に積極的に飛び込んで、高い意識を保っていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

面談で今後の見通しを立ててくださったので、不安が解消された。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

コロナ禍で校舎に行けない時も、電話でアドバイスをしてくださった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で僕に合ったペースで学習できるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受験の厳しさを教えてくれた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

正月特訓で正月でもモチベーションを保てた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強する。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

勉強する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

そこで勉強したいと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

長いようで短いもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で学ぶことを活かして、東京という世界最大規模の大都市の環境をより良いものにすることに貢献したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
出題範囲が本番と同じで、何が足りないのかが分かるから。

担任指導


高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
公式をただ覚えるのではなく、その公式が何で成り立つのかを理解できるので、難しい問題でも混乱せずに解けるようになりました。

東京都立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2