合格

ぞくぞく公開中!1542人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

関西大学
総合情報学部

no image

写真

清水りかさん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢錦丘高等学校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: 女子テニス部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

毎日東進に通って勉強と向き合うことが、自分の成長につながる

 過去問演習講座を併願校対策含め全てやりきることで自分の自信にもなり、やる気につながりました。過去問演習は過去の合格最低点と自分の点数を見比べることによって、やるべきことや合格ラインとの差を知るために利用し、満点を目指して何度も繰り返し解きました。これによって志望校の出題傾向を把握し、点数を伸ばすことができたと思います。

東進に毎日行って勉強していました。勉強する中でわからなかったことを質問として溜め、眠くなった時に質問を持って先生の所に行く事で、勉強時間の確保と眠気改善、わからなかったことがわかるようになるという一石三鳥となるような行動をしていました。質問に行くと、どんな科目でも教えてくれることが多かったのでよかったです。

学力が伸びているなと感じることができたのは、過去問などの質問対応をしてくれた先生たちのおかげです。 学力を可視化することは難しいと思いますが、勉強をやればやるだけ実力は確実に伸びていると思います。少しやる気のない日でも、家に帰らず東進に行って勉強と向き合うことが、後々自分の成長にもつながってくるので、毎日東進に行くことをオススメします。

また、「自分はできる」という根拠のない自信をもっていると勉強のやる気もでるし、自分はできる人だと思い込むことができて、モチベーション維持に良いと思います。成績は最後の最後まで伸ばすことができるので、弱音を吐きたい時期も「自分ならできる」と自信をもって頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

高2から2年間担任の先生を受けもってくれた先生がいた。高2のときはほぼ毎週面談をしてくれて自分のやるべきことや、今後の点数の伸ばし方を明確に知ることができた。高3になってからは過去問などの質問対応をしてくれて、苦手だった古文や英語がより読めるようになった。学力が伸びている実感がしたのは、担任の先生のおかげでした。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

中学NETを通して

Q
東進を選んだ理由
A.

能力開発センターに通っていたため。また、合格実績がよかったため。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

同学年の部員がおらず、先輩とも後輩とも仲良くなれて輪を広げることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

6月ごろにはじめて過去問をといて、全く手が動かないレベルの問題に打ちひしがれた。担任の先生をはじめとした担任助手の方に質問を繰り返すことで、理解を深めた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分はできるという確信のない自信に満ち溢れていると、やる気もでるし自分はできる人だという錯覚になって良い。弱音は吐きたいときに吐くこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

ネームバリューとメディアを学べるという学部内のカリキュラム

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

高校生活のすべて。かつ、人生で最もつらかった体験。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

ドラマや映画をつくるプロデューサー。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 明治大学情報コミュニケーション学部 】
やりきることを目標に、全てを合格点以上になるまで解説や解説授業、担任の先生からの質問対応で繰り返しやる。

関西大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6