合格

ぞくぞく公開中!1553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
文学部

no image

写真

永渕希佳さん

東進ハイスクール大泉学園校

出身校: 大泉高等学校

東進入学時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

大きな目標があったから合格することができた

 今年の大学入試は共通テスト初年度、コロナによる休校など異例のことが続き、先の見えない不安の中で勉強を続けることは辛くて、何度も諦めそうになりました。そのような状況の中でも私が第一志望校に合格できたのは、周りの方々が親身になってサポートをしてくださったからこそだと思っています。

私が東進に入学したのは高2の12月です。学校の友達が本格的に受験勉強を始めた焦りから入学を決めましたが、入学当時の自分はそれほど受験に対して熱意がなく、言われたことをこなすだけの受動的な勉強で、まだ何とかなるだろうと楽観的に考えていました。

そんな私が本気で受験勉強に取り組むようになったのは担任の先生との面談がきっかけでした。それまではなんとなくの慶應への憧れしか持っていませんでしたが、初めて慶應にいきたいということを他人に伝えたことで憧れが目標に変わり、合格するためにするべきことが明確になりました。 それからは毎日必ず校舎に来て、閉館まで勉強するということを基本に、受講や演習に取り組むことができました。

東進にはたくさんのコンテンツがあり、それらをうまく活用することで得意を伸ばすことも苦手を潰すこともできると思います。私は朝の用意をしている時間は受講、学校での隙間時間は高速マスター基礎力養成講座で単語・文法の復習や一問一答、校舎では過去問などの演習というようにその場に合わせてやることを変えて勉強をしていました。閉館まで校舎で勉強し帰宅したあとは軽くその日の復習をしたり一問一答をしたりするだけでほとんどペンは握りませんでした。その分校舎での集中力が上がっていたし自分にはこのスタイルが一番合っていたのだと思います。

受験勉強をしていく中で、目的をもって行動することは特に大切なことだと思いました。辛い中でも最後まで諦めずに走り続けることができたのは、慶應に合格するという大きな目標があったからです。そのために本番から逆算して1ヶ月や1日単位で計画を立てて優先順位をつけながら勉強に取り組むことができました。自分だけでは難しいときには、担任の先生や担任助手の方に相談に乗ってもらったことで最後まで自分に合ったペースとスタイルで努力をし続け合格を掴み取ることができたのだと思っています。

これから受験を控えている皆さんには、最後まで志望校へのこだわりをなくさずにいてもらいたいです。辛くて心が折れそうなときにまた頑張れるのは合格したいという気持ちがあるからこそです。自分の中でその軸がぶれなければ大体のことは乗り切れた気がします。なのでどんなに立ち止まったとしてもその気持ちだけは強く持ち続けてほしいと思います。 最後に、約1年間の受験生生活を支えてくださったたくさんの方々本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の決定や志望校に向けたの具体的な対策を一緒に立てられたのでやるべきことが明確になった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

正答率によって正解するべき問題が分かり、苦手が見つけられる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

仲の良い友達が多く通っていたので、学校帰りに一緒に東進に行ったり、直前期の学校に行かなくなる期間でも互いに励ましあって頑張ることができそうだと思った。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

地歴千題テスト出来ていない部分や漢字ミスが見つかり本番までになくすべき部分を見つけられた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

直前期が一番辛かったです 担任助手の方にたくさん話を聞いてもらい、諦めたくないとまた頑張ることができた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望校へのこだわり

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
志望校と同じレベルの他大学の問題を分野や傾向ごとに出してくれるので、苦手や記述対策に役立った

担任指導
たくさん相談に乗ってもらい、辛い時でも諦めずに合格に向けて頑張れた

高速学習
前回の授業後から時間が経たずに受講ができて、特に日本史では時代の流れごとの把握がしやすかった

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 慶應義塾大学文学部 】
英語の長文や小論の添削が細かく、演習に役立った

【 トップレベル人文科学系対策小論文 】
テーマに沿って案の出し方や書き方が分かった

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
直前期に確認するべき部分がまとまっていて入試当日にも要点をおさえられた

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 20