合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
生命理工学院

no image

写真

能村泰輔くん

東進ハイスクールせんげん台校

出身校: 渋谷教育学園幕張高等学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: コンピューター同好会 会長

引退時期: 高2・12月

この体験記の関連キーワード

得意科目を伸ばして現役合格

 両親や学校の先生、担任助手の方などいろいろな大人の人からたくさんのアドバイスをもらってそれを自分なりに実践・改良してきたことが自分の合格に繋がったなと思います。高校2年生までは趣味に時間のほとんどを使っていて、具体的にどれくらいの勉強量をこなせば東工大に合格できるのかすら見えていませんでした。それでも合格できたのはたくさんのアドバイスのおかげです。受験は努力が必要なのはもちろんですが、情報の量も大きく合否に関わってくると思います。そういった面でも東進に通うことで得られる受験の先輩と言える担任助手の方から得られるアドバイスは他の受験生と比べた時に大きなアドバンテージになるでしょう。

参考になるかは相性などがあると思いますが、自分からのアドバイスは自分に合っている参考書を1つに絞ってそれを極めることが大切だということです。どこに何が書いてあるかを覚えてしまうくらいやり込むことがとても大切だと思います。たくさんの人が言っていることだと思いますが、1冊の参考書をやっても成績が伸びないのは隅々までやりきれていないからだと思います。

これから東工大を目指そうと思っている受験生に伝えたいことは、得意な科目を見つけそれを伸ばすべきだということです。受験で勝つために求められているのは満点を取ることではなく合格最低点よりも高い点数を取ることなので、確実にこれ以上は取れるという自信のある科目ができるとその科目は努力をするための大きな支えになると思います。僕自身、本番の頃には数学と物理は6割以上取れるという自信があったおかげで、苦手な科目の本番直前の追い込みの時も気持ちが滅入ることなく頑張れました。自分で決めたことをやり通すことや模試で結果が出ることが少しずつ自信につながっていって受験勉強自体が楽しくなってくると思うので初めのうちは辛いことが多いと思いますが頑張って下さい。

僕は将来、色々なスキルを持った人財になりたいと昔から思っているのでこの合格をゴールだと思わずにこれからも色々なことを貪欲に学んでいきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試(現:早慶上理・難関国公立大模試)

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

予想問題で今の実力がわかって、勉強の取り組み方に違いが生まれたと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

定期的に通うことができなかったから。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

周りの人も努力しているのだなということがわかり自分も差をつけられないように頑張らないとなと思えた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

設備に惹かれた。同じような目標を持った人が志望いる大学だった。国立であること。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分に一番合っている勉強法をみつけること。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

幅広い能力がある人間になる。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
添削がすぐ帰ってくるのがとても学力の向上につながりました。

高速マスター基礎力養成講座
あまり勉強に気が向かないときも勉強することができたり、時間の有効活用ができました。

担任指導
やはり、すでに受験をしている人からのアドバイスは大きかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
志田先生の問題への取り組み方がすごく参考になりました。

東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14