合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東洋大学
社会学部/第1部学部

no image

写真

丹呉莉菜さん

東進ハイスクール金町校

出身校: 広尾高等学校

東進入学時期: 高3・5月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

東進で部活と勉強の両立ができた

 私は引退するまで活動日の多いダンス部に所属していて、勉強と部活の時間の配分にずっと悩んでいました。しかし、東進に入って勉強習慣の確立をすることができ、担任助手の方々もフレンドリーなので東進に来ることは苦ではなかったです。学校だと様々な進路の人がいて気が散りますが、東進は大学進学を目指している人だけなので、勉強していると時間が経つのを忘れるくらい集中できます。グループ・ミーティングの時間も毎週楽しみに待つくらい明るく過ごしやすくて、たくさん支えて頂きました。

私の東進でのおすすめの講座は、今井先生の英語C組基礎力完成教室と金谷先生のスタンダード日本史(テーマ別日本史Ⅰ・Ⅱ)です。今井先生の講座は、自分のレベルに合わせた所から始めることができて、音読を重ねることで長文を読むときの速読にも繋がり伸びを実感することが出来ます。金谷先生の講座は、テキストが見やすく使いやすかったです。テーマ別の日本史が項目ごとに全時代見開き1ページで学習できるのでおすすめです。

将来の夢はメディア系の仕事に就こうと考えているので、全て社会学部を受験しました。無事に社会学部に進学するので、自分の将来の夢を叶えることが出来る授業を学ぼうと思います。たとえば、進学する東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科ではプログラミングの授業があります。メディア系の仕事にも繋がると思ったので履修する予定です。後輩の皆さんも自分のやりたいことが漠然にでも決まっているなら、同じ学部で複数の大学を受験するのが良いと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分に少しでも進学先に悩んだり迷いがあった時に支えてもらったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験期の過ごし方や受験の時のアドバイスなどをいただいたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分が受けた過去の模試と比較することができて、担任の先生や担任助手の方とも話しやすいです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進を選んだ理由は、対面の授業だと時間に縛られてしまいますが、東進だと自分の都合の良いタイミングで講座を受講できるので自分のペースで進めやすいと感じたからです。それに加え毎週のグループ・ミーティングも生徒に寄り添っていて良いと思います。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

人数が少なくて気軽に話せた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

厳しい部活だったので、忍耐力はついたと思います。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

12月くらい。担任助手の方に支えてもらったり、悩んでいても解決しないので勉強しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じように頑張っている東進生を見る事。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

先輩のアドバイスと、進学したい学部があった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

最中は嫌になるけど、終わったらもっと勉強したいことが増えたから後悔の無いように進めるべきもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

メディア系の仕事に就いて、情報を発信する立場に立って世の中に貢献する。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
学校の先生より質の良い授業を受けることが出来て、効率よく学ぶことが出来ます。

志望校対策特別講座
志望校別単元ジャンル演習講座には、自分の志望校の出題傾向に合わせた問題が出てくるので、志望校合格には一番の近道だと感じました。

過去問演習講座
一度解いた過去問のデータが記録されているので自分の伸びを数字で見ることが出来ます。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語C組・基礎力完成教室 】
受講を進めていくうちに、自分の苦手分野や間違った認識も明らかになるので基礎から固めていくことができます。

【 スタンダード日本史B(テーマ別日本史Ⅰ) 】
一度通史をやって見落としていた箇所も、テーマ別にまとめられていてとてもわかりやすいです。

東洋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4