合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
基礎工学部

no image

写真

池田恭祐くん

東進衛星予備校金沢有松校

出身校: 金沢泉丘高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

勉強は楽しむことが大事

 基礎を身につけるには、学校で使用している教材をしっかりこなすことが重要です。苦手を克服する時は、何がわかっていないかを自分で分析し、教科書を読み込むといいです。そして、自分の実力を鑑みてから新しい参考書や問題集を探すと良いです。解けない問題に当たった時には、自分に何が足りないのか、根本的な知識か方針の立て方なのかを分析することで、為すべき学習が見えてきます。また、時には自分で分析するだけでなく、東進の担任の先生との面談で客観的な視点や気づきを得ることも大切です。

受験勉強で重要なのは早期スタートです。早期に学習を開始したことで数学の先取りと英語はほとんど2年次には完成させることができ、数学の応用レベルと理科に多くの学習時間を割くことができました。共通テストの勉強はマークばかりで退屈でしたが、二次試験の勉強は楽しくやれたので良かったです。二次試験の過去問演習は10年分を時間通りに集中して取り組みました。問題を解くペースを作って、自分なりの型(問題を解く順番など)を作ることを心がけると良いです。解いた後の復習は、特に数学に力を入れました。解けたところは記述の仕方の確認、間違えたところは方針の確認を行いました。

これから受験を控えた皆さんに伝えたいことは、勉強を楽しむことです。入試にとらわれず楽しく知見を広げると、自然と応用力も身についてきます。入試に関しては、過去問を解く時には、合格最低点を超えるよう、自分がどの教科で何点取るのかイメージしながらやると良いです。あらゆる選択肢(進路)を考慮しながら勉強を計画的に進めて頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

先取り学習を行うため。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

幹部としても部の支えになれるように頑張ったし、受験に支障が出ないぎりぎりまで頑張れたつもりなのでよかった。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

一年生次の夏期合宿に参加した。ご飯がおいしかった。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

正月特訓には参加してよかった。直前に詰めこんで緊張感を保って勉強ができた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

長いようで短い。短いようで長い。やっていると楽しくなった。

Q
東進のおすすめは?
大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8