合格

ぞくぞく公開中!1553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科一類

no image

写真

鈴木脩人くん

東進ハイスクール渋谷駅西口校

出身校: 筑波大学附属駒場高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 山岳部

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

後悔しないためには現状に妥協せず疑問を放っておかないこと

 何度も受講とグループ・ミーティングに通い、永遠に続くかと思った東進への登校も終わりを迎え、振り返ると長かったようで短かったと思います。ひとまず安心、というのが第一の感想です。同時に無事志望大学に合格して、ようやく新しい生活のスタート地点に立てたという実感もあります。受験生活を通じて触れられたのは、何よりも方法論です。課題の発見と解決に向けた計画立案の過程を、完璧ではないながらもたどれたことは、今後どこかで応用する機会があると思っています。後輩になにか言えるような立場かはわかりませんが、現状に妥協しないこと、疑問を完全に消すことは特に意識してほしいです。これらは後悔なく受験を終えるために必要なことです。

受験を通じた伸び、ということで言えば、基礎ながら侮りがたい共通テストでしょう。共通テスト本番、得点源のひとつである科目(国語)で普段から20点以上落としてしまうミスがありましたが、総合点では最終模試より20点以上伸びたため、併願校の早稲田大学法学部の共通テスト利用入試も通過できました。逆に言えば他科目である程度の準備を積んでいたために無事だったということでもあり、ある意味この時になって一番、見えない部分での伸び(40点以上?)を感じました。もちろん、事故は起こるものだと想定しておくべきです。

大学では、与えられる学びから自ら取りに行く学びへの変遷が大きくなると思います。東京大学の掲げる「志ある卓越」を目指し、目標の発見を意識して、勉強のみならず諸々の技能の獲得・課外活動にも励みたいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

普段から強い励まし・目標設定を頂いたほか、面談時には講座に関する詳細な説明をしてくださり、状況を踏まえながら適切な選択を促してくださった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

何よりも同じ受験を経験した先輩として、体験を語ってくださったのは参考になりました。献身的に面談予定を組んでくださったのも嬉しかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

マーク試験は慣れなので、受けられるだけ受けておくといいと思います。過去問ではあまり出ないような範囲も出題されて、いい刺激になります。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

学校に近く利用しやすい立地だったから。また映像による授業で効率的に受講を進められるから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

新型コロナウイルスのため自宅学習が増え、乱れがちなスケジュールの中、進捗の管理に役立った。またメンバーの所属する学校の事情を知れて面白かった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

高3の文化祭時も、早めに過去問演習をこなしておくことで概ね予定通りに進められた。文化祭を犠牲にせず適度に従事したことで、精神的にも余裕ができた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

特別招待講習。校舎の雰囲気を前もって知ることができる。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

二次試験後の結果待ちの時期。担任助手の方や校舎長から励ましを受けた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の現状を見直して、不完全な点を見つける。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

幅広いことを高いレベルで学べると考えたため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生最初の試練。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

興味のある国際関係に関わる分野で、単一の技能・知識ではなく、語学や技術など複数の面から関係の発展に貢献したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

模試
実施回数が多いので、何よりも場馴れできる。時間配分など戦略の検証にも使える。

担任指導
一人ひとりの状況を踏まえた学習計画を検討できる。

高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード世界史Ⅰ~Ⅳ(諸地域世界の形成) 】
些末な知識にこだわりすぎず、国公立大二次試験の対策に必要な、歴史の大局的理解の基礎を学べる。世界史選択者ががまず第一に学ぶべき領域を網羅している。

【 難関古文 】
味のある授業で、楽しみながら学べる。言語としての古文、という視点から見た本文の分析・問題への対応の手法を得られる。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 316