ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1652人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京学芸大学
教育学部

no image

写真

白鳥伶太くん

東進ハイスクール武蔵小金井校

出身校: 小金井北高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 写真部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

様々な講座を受講したことが合格につながった

 東進に入ったことで、学力を伸ばすことができたとともに、合格という2文字も得ることができましたが、それだけでなく、忍耐力や思考力など、様々なスキルを得ることのできた1年間だったと思います。志望校合格を果たした今、それらを活かして次の4年間、さらにその先へも繋げていきたいと思います。

後輩の皆さんへは、まず東進の講座を全力で受けるのがおすすめです。その上でこれから着手していくであろう過去問演習講座や大問別演習を自分と相談しながら効果的に使っていくことを大切にして欲しいです。特に国公立大学などを志望していて記述答案の作成が必要な人は、1回だけでなく添削を経てまた過去問にトライしてみることが非常に役立つと思います。これには講習で取得できる答案練習講座も非常に有用だったので、併用することもおすすめです。また志望校別単元ジャンル演習講座は、東進のツールの中でも最も効果的に得点を伸ばせるものだと思います。なぜならば今までの自分の演習から苦手を抽出して出題してくれるうえ、しっかりその分野を理解していないと完全修得も難しくなるようにできているからです。確かに全てのセットを完全修得するのは辛かったですが、その辛さも自分の自信に後々なったと思います。将来は大学での教員免許取得を経て公立小学校の教員として勤務したいと考えています。その時も、東進での受験勉強で得た忍耐力、思考力などの様々なスキルが役に立つと確信しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

途中で担任が変更になった後に担当して頂いたが、模試後だけでなく日々の受付などにおいてもよく話しかけて下さり、受験勉強のモチベーション維持を支えてくださったことが印象に残っている。また年末の英語千題テストで出来が悪く、落ち込んでいたところを励まして頂いたことも非常に助かった。講座を追加する時には僕にどんな講座が必要かを一緒に考えて下さり、最適な提案をして下さったのでその後の受験勉強へも大きく支えになった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験生後半の悩みの多い時期だったが、グループ・ミーティングも終始楽しい雰囲気で、勉強中の良いリフレッシュになった。模試後などに面談を毎回実施して頂いたが、僕の出来ているところと出来ていないところを的確に分析して下さり、それとともに毎回励ましの言葉も頂けたので個人的にとても自信に繋がったと思う。特に年末からの受験直前期にはよりきめ細やかに対応をして下さったり、併願校の提案をして下さったり様々なサポートをして下さったのでそれがとても役に立った。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

共通テスト本番の難易度を定期的に体験できたことが、本番成功した理由の一つになったから。また数学に関しては他の模試に比べて難易度が高いが、その難しさを毎回体験していたからこそ、本番で少し余裕をもって解く力が付いたと思うから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

共通テスト同日体験模試を受験したことで受験を意識し、対面ではなく映像授業を希望していたことと東進からDMが来たことがきっかけで選んだ。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

僕は小学校の教員を目指しているので、教員養成の基幹大学である東京学芸大学はまず候補に挙がった。その上で、オープンキャンパスなどで見学をし教員になるための充実したカリキュラムや施設、支援を受けられると感じたため志望をするようになった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

これからの時代、僕の志望している公立小学校の教員という仕事も様々な変化を遂げると思う。そんな中、独立自尊の精神のもと自分はどのような教員でいたいかを大切に、教育を通して社会に貢献していきたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
受験勉強をずっとしていると成績など悩みが増えてくるが、それを仲間と共有する、担任助手と話すことで良いリフレッシュになったから。

東進模試
一般生とは違い、夏ごろから実際の大学などを会場として受けられたので本番の空気感を周りより先に掴むことができ、本番落ち着いて挑むことができたため。

過去問演習講座
自分は国立2次試験で記述の問題が多かったので、採点だけでなくポイントやアドバイスも示してくれる東進の添削がとても役に立ったから。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語B組・実力アップ教室 】
良い意味で緊張感を無くしてくれる。C組と同様、今井先生のお話も非常に面白いが、それだけでなくある程度難しい文章を読む力、さらにリスニングも鍛えられるので良かったから。

【 テーマ別論述日本史 】
論述対策で20コマあるのでじっくり対策でき、また先生の解説も的確だったので論述の力をテーマごと、また問題の形式別にもつけられたから。

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
受験直前に確認しておくべき日本史の知識が1冊にまとまっていて、まとめられている単位も細かいので文字通り最後に得点源を増やすことができたから。

東京学芸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6