合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜市立大学
医学部医学科

no image

写真

羽毛田咲耶さん

東進ハイスクール川越校

出身校: 星野高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 社会福祉部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

東進で予習していたため、進度の速い学校の授業でさらに復習することができた

 私が東進に入ったきっかけは、クラスメイトが入っていたため高1の夏に体験入学したことでした。家で集中できないタイプだったので、高2に入ったくらいから自習室を利用するために毎日登校しました。

数学、生物、化学どれも苦手で、得意な英語で模試などではカバーしていたのですが、受験ではそれは通用しません。そのため東進では主に理系科目の予習と問題演習を進めました。中高一貫のクラスに所属していたので、学校の授業進度は速かったのですが、東進で予習していたため、授業でさらに復習することができました。また、英単語を自分でほとんどやらなかったので、東進の高速マスター基礎力養成講座がすごくためになりました。

東進の過去問演習講座を使って横浜市立大学の過去問に高3の夏に一周しました。医学部と一言で言っても難易度、共通テストと二次試験の割合、合格点数など様々なので早い段階で問題傾向を知ると良いと思います。特に理科は出題範囲が大きく異なり、無駄な勉強をする可能性があるので気をつけましょう。

得意科目を伸ばすよりも苦手科目を苦手意識がなくなるくらい克服する方が難しいですが、私の場合それが合格につながったと思います。3年間頑張って、得意にはなれませんでしたが、入試で合格水準に達するくらいの点数は取れるようになりました。苦手ならばすぐに結果が出ないのは当然なので、根気強く机に向かい続けるべきです。偏差値が上がれば上がるほど周りからのプレッシャーが大きくなり、下がるほど自分に期待できなくなります。何であれ、合格したいのであれば勉強しましょう。応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

体験入学したときに、入りたいと思ったから。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 横浜市立大学(全学部) 】
添削もしてくれて自分の実力がわかるから

横浜市立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 19