合格

ぞくぞく公開中!1557人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

鈴木知輝くん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 多摩高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 卓球

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

受験勉強はとても過酷なものだったが、それと同時に自分を大きくしてくれた

 東進に入学したのは高2の冬でした。東進に入学した理由は、自分のペースで受講を進められるため、部活動との両立がしやすいと考えたからです。

僕は入学してすぐに高速マスター基礎力養成講座を始めました。それまで僕は、英語の基礎が固まっていなかったのですが、高速マスターを継続的に繰り返し取り組んだことで、自分に自信がつき、英語力の向上を実感することができたと思います。

また、グループ・ミーティングの存在も、僕の中では大きかったです。週一回のミーティングの中で、友人と他愛もない会話をしたり、目標を共有したりすることで、切磋琢磨しつつモチベーションを高めることができました。

僕が受講する際に注意していたのは、いかに復習を早く済ませるかです。最初のころは、その日のうちに復習を終わらせることができていなかったのですが、次の日に回すと効率が悪いことに加え、他の新しいタスクも出てくるので、受講したその日に復習を済ませるのは重要だと思います。

僕にとって、受験勉強はとても過酷なものでしたが、それと同時に自分を大きくしてくれたものだとも、思っています。勉強をし続けることは本当に大変で、精神も削られることですが、周りの人の助けを借りて頑張ってほしいと思います。特に担任助手の方は、何でも相談に乗ってくれると思うので、大切にするべきだと思います。

一日一日の積み重ねで合否が決まってくるので、無理はせずに自分の限界に挑戦してほしいです。心から応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

客観的な数字から具体的なアドバイスをしてもらったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

第一志望校で悩んでいるときに、強く背中を押してもらったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習は必ずする。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

親の意向

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受験直前にも話し合って応援しあったこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

頑張り続けること。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

共通テスト直前は勉強に身が入らず辛かったが、周りの人の頑張りに触発されて頑張りました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

睡眠

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

模試の結果

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学の学問の中で、自分の適性や興味をより深く理解して、社会に出たときに必要不可欠な人材になりたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
一回覚えた後も繰り返して定着させる

過去問演習講座
解説授業を丁寧に聞く

東進模試
復習をしっかりして計画を立てる。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B(日本文化史Ⅰ) 】
文化史は現役生には負担が重いところである反面、できると差がつくポイントであり、そこを分かりやすい授業で理解できるから。

【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】
10年分の共通テスト形式の問題を解くことで、自分の勉強方針を明確にすることができ、力を伸ばせるから。

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
試験で狙われやすい紛らわしい用語がまとめてあり、直前期に大幅に点数を伸ばすことができるから。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 16