合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京外国語大学
国際社会学部

no image

写真

藤間貫太くん

東進衛星予備校新潟駅前校

出身校: 新潟南高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: サッカー部 副主将

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

少しの積み重ねが、大きな上達に繋がる

 高校1年生になる前に僕は志望校を東京外国語大学に設定しました。もともと英語が好きで、東南アジアについても興味があったので、唯一の国立の外国語大学で、偏差値も一番高かったこの大学を志望しました。僕の東進入学時の成績はおそらく難関大学に合格できるようなものではありませんでしたが、東進に部活後に毎日来て、1時間でも高速マスター基礎力養成講座や授業を受けることを2年間続けると、3年生になる時には外大に合格できる圏内の成績を模試で取れるようになるようになりました。

このことから何が言いたいかというと、少しでもいいから毎日東進に来て、愚直に勉強するということです。毎日の少しの差が後々になって、とても大きな上達に繋がります。また、後輩の皆さんには是非東進のコンテンツをとことん利用して欲しいと思います。

東進には他の予備校にはない様々なコンテンツがあり、学力を最短ルートで伸ばせます。特に僕のオススメは過去問演習講座です。演習量を確保でき、解説授業もとてもわかりやすいです。後輩の皆さんも間もなく受験生にとって最も辛く、悩む1年間を過ごすことになると思いますが、自分の目標をぶれずに持ち続けて、継続して東進を活用しながら学習していけば、おそらく皆さんの目標は達成できるでしょう。

また、嫌になったり、不安でしょうがなくなったりしたら、東進の先生や友達や親を遠慮なく頼ってみて下さい。きっと気持ちが楽になるはずです。受験はその最中こそ辛いですが、合格発表の時に自分の受験番号を見つけた時には今までにないような喜びがあります。その喜びを想像しながら勉強をしてみて下さい。

皆さんが第一志望校合格を目標としているように、僕は東京外国語大学で、東南アジアの歴史や文化、経済について深く学びながら、英語、専攻語であるフィリピン語、フランス語、スペイン語をビジネス会話程度に話せるようになることが今後4年間の目標です。東進での3年間を通して身につけた愚直に物事を継続する力や粘り強さを生かして、大学の4年間でも自分の目標を達成出来るように頑張ります。なので、皆さんも志望校合格に向けて愚直に努力を積み重ねていって下さい。

コロナ禍で最後の1年間は部活動や学校行事が全てなくなり、高校生っぽいことは出来なかったし、センター試験は共通テストに変わってしまうし、2次試験も受験形式が変わってしまうしとイレギュラーなことばかりで、自分は何て時代に生まれてしまったんだろうと思いましたが、高校の授業が終わって、高校から新潟駅前校に毎日友達と勉強の進捗具合などについて話しながら行って、一緒にブースで勉強するという決まりきった日常が、今となってはいい思い出だったし、受験生だった自分にとっての青春だったように思います。3年間お世話になりました。ありがとう東進。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の成績が下がっても、それを咎めるのではなく、次の模試に向けての勉強の進め方を提示して下さったり、モチベーションを高めてくれる声がけをしてくださった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の進捗状況を常に確認してくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

高校1、2年生の時から3年生の受けるものと同じものを受けるため、出題形式に早くから触れることができ、成績表も相対評価と絶対評価をしてくれるため、自分の位置が分かりやすく、苦手な部分を把握しやすい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

もともと中学生の段階で知っていて、友達や中学の時の塾の先生が薦めてくれて、春季講習に行ったところ、東進のシステムが自分に最も合っていると考えたため。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

サッカーという自分の好きなものにとことん打ち込めたし、先輩や他の誰かのために頑張るという気持ちも生まれた。しかも、仲間もたくさん増えて、部活をやっていてとても良かったと思う。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

特に共通テスト後はコロナの影響もあって、友達に会えなくて辛かったが、親に相談に乗ってもらったりして、乗り越えることができた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

オープンキャンパスに行った時のことをいつも思い出していた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校入学前の東進の春季講習で先生に勧められた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛かったけど、自分の熱量を注ぐことが出来て、自分を見つめ直す機会にもなり、人間的にも自分を成長させてくれるものだった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

東南アジアについて深く学び、メディア関係の職について、自分のように東南アジアの貧困問題に興味をもち解決しようとする人を増やす。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業や大問別演習がとくに充実していた。大量に演習ができるし、その中で出てきた分からないことを解説や解説授業でどんどん潰していけたので、自分の学力が上がっていることを実感することができ、自信を持って、試験に臨むことができた。

高速マスター基礎力養成講座
基礎事項を何度も反復して行うことが出来るため、基礎事項の抜けがなく、授業や演習にスムーズに取り組むことができ、学習の土台を早いうちに完成させることができた。

東進模試
学校などで受けるどの模試よりも返却が早く、解説授業もついていたのでとても復習がしやすいと感じた。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】
まず今井先生がとても面白く、受けていてとても楽しいし、内容が難しい長文をたくさん読むことができ、解説がとてもわかりやすかった。

【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】
特に大問別演習がよかった。社会系の科目は膨大な演習をすることが出来るので、とても伸びた。また、大問で分かれているため、自分の苦手な部分を重点的に学習できた。

【 過去問演習講座 東京外国語大学 】
解説授業と添削が素早く出来るところが素晴らしく、解説の宮崎尊先生の体系的な長文の読み方がとても参考になった。

東京外国語大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 13