合格

ぞくぞく公開中!1542人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜国立大学
経済学部

no image

写真

厚地颯くん

東進衛星予備校君津駅前校

出身校: 木更津高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 生物部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

受験の目標を確かなものにしておくべき

 高校2年の初め、家から近くまた同じ学校の人がいないという理由で東進に入りました。また東進は映像による授業なので、受講する時間を自分の生活スタイルに合わせる事ができたので、体力のない僕でも続けることができたのだと思います。

また、東進の授業や模試は実施してそこで終わりではなく、確認テストや解説授業によって、出来た気になっていたところを発見し、そこを重点的に復習することが可能となっていて、苦手の克服にとても便利でした。

また、志望校別単元ジャンル演習講座や過去問演習講座では、過去のデータから自分の苦手分野を重点的に解くようにできていて、それを避けては通れない道だということを意識させてくれました。高校3年の夏、苦手教科であった数学と倫政経を克服しなければと思い、数学では過去問演習講座でひたすらセンター試験の過去問を解いて問題に慣れ、倫政経では清水先生の共通テスト対策倫理,政治・経済を受講して必要な情報を徹底的にインプットすることでその2教科を克服しました。共通テスト対策倫理,政治・経済のテキストは受験会場でも見て自信をつけました。

また個人的には、ただ闇雲に勉強するよりも先に、志望校や志望学部について情報をまとめたほうが良いと思います。その学校に通う人間の雰囲気、学部別の就職データ、試験の配点や使用教科などは調べれば出てきます。自分が何のためにその大学を目指すのか、どのように勉強すれば良いかも含め、目標を確かなものにしておくべきだと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

高校3年の夏頃、志望校に苦手教科が多かったので変えようかと悩んでいたところ「教科を減らせばそれだけ選択の幅が狭くなる」という話を聞いてすべての教科の勉強を続けた事で受験の時有利となりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

つい楽な方向へ進もうとする癖があるので、それを止めてくれたり、苦手な数学では「式が使われている意味」などの道理を説明してくれたおかげで数学ができるようになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手教科だけでも解説授業、解きなおしをするべきと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近いから

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活の仲間と話すことが休憩になりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

苦手な分野をひたすら解いて苦手意識をなくすことで乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験後の生活を手に入れるために頑張りました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

2度とできないものです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
特に英語、アプリやブラウザ上でいつでもできるのが便利でした。

学力POS


高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
基礎を一通り頭に入れた後、志田先生の話を一言一句しっかり聞くと、とてもわかりやすい解説をしていて理解しやすかったです。

横浜国立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6