合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京農業大学
農学部

no image

写真

黒田麻裕さん

東進ハイスクール取手校

出身校: 取手第一高等学校

東進入学時期: 高1・11月

所属クラブ: ダンス部

引退時期: 高2・10月

この体験記の関連キーワード

自分のペースで学習を進められる

 私が東進ハイスクールに入学したのは高校1年の11月ごろです。部活の後に東進に行くと睡魔に負けて集中できなかったことも多く、学校のテストの成績は下から数えたほうが早かったです。しかし、一番初めに取った今井先生のD組の受講を進めていくと英語の点数が徐々に上がっていきました。今井先生の受講はとても丁寧で理解しやすく、笑える要素もあるので印象に残っています。また、学校の授業の先取りとして取った飯田先生のスタンダード生物の受講では基礎的な知識と教科書に載っていない豆知識を説明してくれたので、模試の成績も上がっていくにつれて生物が大好きになりました。

東進に入って良かったなと思うことは、映像による授業であるため、自分のペースで学習を進められるというところです。学校でまだ習っていない範囲を予習することや、分かりずらかった単元を復習しなおすことができたため、私に合っていました。

特に今年はコロナが蔓延し、容易に出歩けない時期には東進にも行けなかったため、自宅受講を利用して家でも受講ができたことは助かりました。東進の校舎長や担任助手の方々は模試の結果を見ながら今後の学習の進め方を一緒に考えてくれたり、高速マスター基礎力養成講座や受講の進み具合を指摘してくれました。時には悩み事を親身になって聞いてくれてアドバイスをくれたこともあり、辛かった受験期を乗り越えることができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試を終えた後の学習の進め方に迷うことが少なくなったことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

悩み事の改善策を親身になって一緒に考えてくれたことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

どのくらい難しいのか理解することができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

知り合いの人におすすめされたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他の学校に通っている人と喋る機会ができたことです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

仲間と意見を共有する力が身に付きました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

担任助手の方々に話を聞いてもらってアドバイスをもらい、乗り越えることができました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

酪農家になりたいという夢があったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を精神的に成長させてくれたものでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

農業の奥深くまで学んで人々に美味しい食べ物を提供し、食事ができる喜びを広めていきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
英単語を勉強する習慣を身につけることができました。

担任指導
親身になってアドバイスしてくれました。

講座修了判定テスト
講座を理解できたか確かめることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード生物 Part1 】
生物基礎の全範囲と生物の前半の範囲がまとめられたテキストで受講を聞きながら重要箇所を書き足したり、図を付け足して情景がとらえやすいため、テスト前に復習するのに最適でした。

【 スタンダード生物 Part2 】
生物の後半の範囲がまとめられたテキストでシンプルに作られたグラフを見て結果が判断しやすく、テスト前に復習するのに最適でした。

【 今井宏のD組・英語スタートダッシュ教室 】
とても分かりやすい説明で、授業の少しの時間が先生の面白い話だったので英語が嫌にならずにもっと頑張ろうと思えました。

東京農業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3