合格

ぞくぞく公開中!1554人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜国立大学
教育学部

no image

写真

大平万葉さん

東進衛星予備校渕野辺校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: 吹奏楽部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

一番大切だなと感じたのはしっかり自分と向き合うこと

 私が受験を経験してみて、一番大切だなと感じたのはしっかり自分と向き合うことです。本格的な受験期間ははせいぜい1年ほどしかありません。時間には限りがあります。途中で失敗したなと思っても振出しに戻る時間はありません。限りある時間を無駄にしないために大切なことが振り返りです。

私は計画を立てることと、その反省を毎日行っていました。計画の進み具合や演習の結果から「○○の演習を増やしてみよう」など、常に自分を振り返っていました。模試の結果が上手くいかなかったときも、自分のできていなかった部分やまだ足りてないところを書き出すなどいろいろ工夫をしました。

今になって振り返ると、言われたことをやっているだけでは受験に勝つことはできなかったと思います。言われたことをこなすのは当たり前で、いかに弱点克服のために行動できるかがとても大切です。今東進に通っている後輩の皆さんには、ぜひうまく東進を活用してほしいと思っています。

受験期は東進にきて高速マスター基礎力養成講座を最初にやる習慣をつけていました。勉強のルーティンがあると効率が上がるのでお勧めです。また、東進はたくさんの演習があるのも魅力です。過去問だけでなく苦手分野だけをまとめた志望校別単元ジャンル演習講座や第一志望校に合わせた演習を提供してくれます。すべてやるには時間が足りないほどの量があるので、自分に本当に必要なものを取捨選択していかなければいけません。

人生を大きく左右するであろう受験は誰にでも不安なものです。しかし受験は団体戦です。悩んで苦しいときでもふと周りを見渡せば、同じ境遇の人がたくさんいますし、受験期を乗り越えた素晴らしい先輩方もたくさんいるはずです。一人だけで抱え込まずに、苦しい気持ちや不安な気持ちは口に出していいと思います。受験に勝ったか負けたかよりも受験に対して本気で向き合ったことこそが人生の大きな経験になるでしょう。どんなに長いトンネルでもかならず出口があります。笑って受験生活を終われるように今できることを必死にやって悔いのない一年にしてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

悪い結果だった時でも見放さずに逆にできているところをほめていただいたりしたことが嬉しかったです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

コロナ禍で東進が閉校になったとき、進度の電話を毎日してくださったのがありがたかったです。学習ペースを維持できました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

どの模試もそうですが、判定で一喜一憂しないことをお勧めします。結果が悪くてもなにがだめでなにが足りなかったか振り返り、次に生かすことが一番大切です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

実績と自分のペースで勉強できるところ

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受験期のグループ・ミーティングは息抜きとして使っていました。みんなとわいわい話せる時間が楽しかったです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

かなり忙しい部活だったので、常に学習面に対しては不安を感じていました。しかし、限りある時間の中でどうやって効率的に勉強しようかと考えて、計画を立てながら勉強できたので、逆に忙しい部活でよかったと思っています。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験期の半数以上がスランプでした。成績が思うように伸びない中で勉強し続けるのが辛かったです。ただ、学力はずっと伸びないままで、最後に急激に上がるよと学校の先生に強く言われていたのでそれを信じて勉強し続けられました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

誰にも負けたくないという気持ち。校舎で出る毎週のランキングで負けたくないという思いでやる気を上げていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

小学生のころから小学校の教師になることが夢だったので、かなり前から教育学部を志望していました。横浜国立大学に行こうと思った時期は高校一年生でした。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生のうちの一つの分岐路に過ぎない。今の大学に合格しようがしまいが目指す目標は変わっていなかったと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

私の夢は小学校の先生になることです。教師はブラックだとか大変だとかいろいろ言われていますが、日本の未来をつくるのに大きな役割を持つのが教育だと思います。日本の将来の在り方を大きく左右するものだと思います。誰かの人生に関わり、未来にメッセージを残す教師という魅力ある職業に私は就きたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
学校の先生とは段違いな受験のプロが教えてくださるのがとてもよかったです。先生方のおかげで受験に勝つことができました。

過去問演習講座
センター十年分など東進にはいっていなければやっていなかったであろう大量の演習ができてよかったです。実際演習が一番自分の学力向上に直結した気がします。

高速マスター基礎力養成講座
英語の高速マスター基礎力養成講座をやる前とやった後では英文の読め具合が全然違いました。ひたすら反復することで確かな自信につながりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
今井先生の授業は本当に面白いです。英語って意外と単純なんだと気づいた授業でもありました。でもブース内で面白すぎて声を出してしまいそうになるので気を付けてください。

【 現代文トレーニング<語彙力強化/頻出テーマの攻略> 】
輿水先生の授業が本当に好きでした。先生の授業のおかげでいろんな小説読みたいなと思いました。

【 漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成) 】
直前まで漢文が本当に苦手で困っていましたが、読み解き方を学んだおかげで少し好きになりました。

横浜国立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4