合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
政治経済学部

no image

写真

小林隼人くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 所沢北高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: テニス部

引退時期: 高2・2月

この体験記の関連キーワード

モチベーションとこだわりが大切

 僕からは東進についてと受験全般についての二点をお話したいと思います。

まず、東進についてです。東進は他の予備校と比べても、非常に良い予備校だと思います。但し、東進を最大限利用しつつ、主体的に選択を行う必要があります。今の自分に何が足りないのかをしっかりと見極め、それを補えるような講座を東進が提供している中から選びましょう。そのような目的意識がないまま勉強を続けてしまうと、なんのために自分が講座を受けているのだろうとなって、意欲的に取り組むことが困難になってしまいます。それを踏まえたうえで、東進に通えば、学力が上がっていくことでしょう。

東進のサービスを有効活用するには、模試を多く受験するのが良いと思います。模試料金は、入学時に入金するので、いくら受けても値段が変わらないところが良いです。模試は、自分の今の立ち位置を確認し、さらなる向上心を手に入れるのには絶好の機会ですので、活用するべきです。僕自身も、共通テスト本番レベル模試はすべて受験し、学力向上に生かすことができました。

他にも東進の良いところはいくつかあります。受験には英語が重要なことが多いので英語が未習熟な方には高速マスター基礎力養成講座などが有効です。また、通常講座では、対面授業ではなかなか実現できない優秀な講師陣の巧みな授業が何度も視聴できます。

次に、受験全般について、僕が大事だと思うことは二つあります。それはモチベーションとこだわりです。モチベーションは、全ての行動に繋がります。授業を受けるにしても勉強計画を立てるにしても、モチベーションがあるなしでは大きく違います。モチベーションが足りないと感じたら、具体的に目標を立てるなどするとよいと思います。こだわりについては、僕はなるべく毎日走って体力を維持することや、夜の勉強時には、ほうじ茶を飲むルーティンを作るなどしていました。こだわりを持つことで自分の行動に自信を持つことができ、それにより本番の心持ちにも余裕ができると思います。皆さんにはそれらを実践してもらって、第一志望校合格をつかみ取ってほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習計画について真剣に議論してくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

進捗状況を逐一確認してくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習のやる気が出ない時は優先度を決め、とりあえず科目を絞ってからだと取り組みやすい。復習は必須。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

進学実績や、AIによる分析などのシステムが充実していたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じレベルの人たちと意見を交わすことができた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

短期の目標設定。計画を自分で細かくたてること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分は特に明確な将来目標がなかったので、高いところを目指すことによって、いつやりたいことが見つかってもいいようにしていました。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
返却が業界最速。

確認テスト
自分の理解度がわかるとともに簡易的な復習ができる。

高速マスター基礎力養成講座
手早く基礎が固まる

Q
おすすめ講座
A.

【 微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編- 】
しっかり復習すれば、数Ⅲの習熟度がグンと上がる。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 29