合格

ぞくぞく公開中!1556人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文学部

no image

写真

佐々木創くん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 広島大学附属福山高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: 軟式野球部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

毎日継続する努力に勝るものはない

 容易に勉強を習慣化できる。これが数ある東進を利用するメリットの中で最大のものだと僕は思いました。僕の場合、通学路に東進があったため毎日通うことができ、放課後に東進へ通い閉館時刻まで勉強することが毎日のルーティーンとなりました。何においてもそうですが、毎日継続する努力に勝るものはありません。

また、東進には最高の学習環境が整っています。共に高みを目指し切磋琢磨する友達、的確なアドバイスをくださる先生方、そして洗練された映像による授業など、受験勉強においてはこれ以上ない環境だと思います。その中でも特に過去問演習講座は素晴らしいです。国公立大学の二次試験は記述問題が出題されます。しかし、記述問題の採点を自分でやるのはなかなか難しく、論理や表現の誤りを見落としてしまいがちです。その点東進の過去問演習講座では、他者による採点、添削が行われ、自らの答案の欠陥を発見し、今後の学習方針を立てることができます。本番同様の緊張感で演習を行い、返ってきた答案をしっかり復習する。これを十年分行うことで相当な力がつくと思います。ぜひ利用してみてください。

これから受験を迎える後輩の皆さんへ伝えたいのは、受験は先手必勝だということです。確かに毎年逆転合格は起こりますが、それは稀なケースが目立っているだけです。確実に目標を達成するためには出来るだけ早く「本気」になってください。最後は着実に勉強してきたという事実が自信となって皆さんを合格へと導いてくれるはずです。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常に自分は何をすればいいのかを示してくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自らの受験期の体験を伝えてくれたことが役に立った

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

年に四回も本番と同じレベルの模試が受けられること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで学習できることに加え、映像による授業を利用した高速学習が可能だったから。また、通学路にあったため、学習を習慣化することが容易だと考えたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

共に高みを目指す仲間と情報共有できた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

どうやったら目標を達成できるかを常に考え続ける力がついた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

受験についての情報を得ることができた

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友達や家族、先生と会話した

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格した時の自分を想像する

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分の夢を叶えるためには良い大学だと思ったから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

山あり谷あり

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

歴史学や心理学などの分野における研究者になる

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京大学(文科) 】
他者による採点、添削があるから。

【 ハイレベル世界史Ⅴ~Ⅷ 西洋史編(ヨーロッパ・アメリカ地域) 】
歴史上の人物についての小話を先生が多く話してくれるので、世界史そのものに興味がわく。難関大学の出題ポイントを的確に押さえている。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
現代文という科目とは何か、その本質がわかり、どう勉強すればいいのかが見える。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 27