合格

ぞくぞく公開中!1549人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京海洋大学
海洋生命科学部

no image

写真

飯村朋彦くん

東進衛星予備校幕張駅前校

出身校: 幕張総合高等学校

東進入学時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

落ち込んでいても、校舎に行けば自然と勉強できた

 僕が東進に入ったのは高3の9月でした。9月までは勉強をしていたものの、成績が全く伸びませんでした。高3の9月の共通テスト模試でも4割弱しか取れず、危機感を覚え東進に入りました。9月以降は担任の先生と相談しながら、優先すべきことを明確にして勉強するようになりました。そこからは徐々に成績が上がり。最終的には第一志望の大学に合格することができました。

受験生活の中で1番難しかったのは、モチベーションの維持です。模試の成績があまり良くて落ち込んでしまったときも、校舎に来れば自然と勉強することができ、限りある時間を有効に使えました。受験において一番大切なことは諦めないことだと思います。模試の成績が悪かったり、試験中にパニックになってしまっても諦めずに手を止めないで解き続けることが大切だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

何をすればいいか明確になった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近く、通学路にあって通いやすかったから。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ゲームや買い物をした

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

落ちることを考えた

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスに行ってよい感じがした

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分が得意なことで役立っていきたい

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード生物 Part1 】
短期間で抜けているところを埋められた。

【 スタンダード生物 Part2 】


東京海洋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3