合格

ぞくぞく公開中!1542人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

宇都宮大学
工学部

no image

写真

赤星遼馬くん

東進衛星予備校京成佐倉校

出身校: 八千代松陰高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 硬式テニス

引退時期: 高3・月

この体験記の関連キーワード

大切なのはやりきったことに充実感を感じられるようになること

 僕は高2の冬から東進で勉強を始めました。動機は定期テストで勉強ができる人との差をより明確に感じ始めたからでした。今振り返ると、当時自分は受験というものをあまり意識できていませんでした。クラスのできる人達はきっともっと早く大学受験を見据えていたのでしょう。僕は東進に入ってから受験というイベントの重大さと自分の現状がギリギリであることを知りました。もし自分が東進に入っていなかったらと思うとゾッとします。東進での学習を始めた最初の頃は慣れない環境に緊張しましたが、その緊張感と楽しい授業のおかげで高いモチベーションで学習出来ていました。

しかし、3月頃コロナウイルスの流行により学校にも東進にも登校出来ず、自宅学習となった時期がありました。この期間、担任助手の方が電話でサポートをしてくれましたが、自分は前ほどはどうしても勉強に集中して取り組めませんでした。この遅れによって自分はかなり苦しみました。ここでみなさんに一つアドバイスです。もしみなさんもコロナなどで自宅学習になり、どこかで行き詰まってしまった時は、一人で頑張ろうとせず、ぜひ周りの力を借りてください。受験を知る人ならその苦しみは分かります。頑張っている友達、東進の先生、学校の先生に話してください。

次に自分が受験を振り返り、重要だと思ったことを紹介します。それは「共通テスト対策」です。僕は東進の過去問演習講座で共通テストの予想問題をたくさん解き、本番の形式にも対応することができました。そのおかげで国立大学だけでなく、私立大学の共通テスト利用方式でも合格できたりとたくさん僕を助けてくれました。共通テストは私立大学受験の際も有効に使うことができるので国公立大学を受けない人も頑張ってください。

最後にみなさんにしてほしいことを伝えます。それは「頑張った自分を好きになる」ことです。僕は運動部に所属していました。部活と勉強を両立するために心の中で自分のことを褒めちぎっていました。みなさんも頑張っている自分を「かっこいい!」とでも思ってあげてください。大切なのはやりきったことに充実感を感じられるようになることです。このように、僕はたくさんの人に助けられて受験を乗り切ることができました。お世話になった両親、先生、東進のみなさんありがとうございました!そして、これから受験を迎える後輩たち、頑張れ!みんなの成功を祈っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校に合わせた目標設定やおすすめの参考書などを紹介してくれたのが印象に残っています。また、模試の分析などを一緒に実施してくださり、常に自分の現状を認識させてくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

問題集の解説や記述のコツを丁寧に教えてくれました。本番前日元気の出る言葉をくれて、とても力になりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

たくさん受け、解説授業などで復習して出題形式に慣れることで苦手分野もわかりますし、とても良いと思います。本番前に本番と同じ時間割で解くことで効果もより上がると思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

高2の春、僕が定期テストの点を落としたり、授業で理解できない部分が増えていったのに対し、周りの友達が伸びていくのを感じたので体験を申し込みました。そこで最初に受けたテストをもとに細かく自分の弱点や得意分野を分析してくれたからです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

どちらも頑張っている自分を自分でほめてあげることが大切です。部活をやり切って、そのまま東進で勉強している自分のことを「かっこいい!」と思ってあげてください。大切なのは、やりきったことに充実感を感じることです。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

英語の1000題テストです。英語の知識を一気に確認出来るので、出来た人は自信がつきますし、できなかった人は自分の苦手分野を知り危機感を持って本番までの時間を過ごすことができます。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強することが辛くなった時期もありましたが、学校の友達と受験や志望校に関する話をして、みんなも同じように戦っていることをしっかりと理解したことで、自分も友達に負けずに頑張ろうという気持ちになれました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

校舎に登校することです。自宅受講をしていた時期もありましたが登校した方が効率が良かったです。全ての人が頑張っている空気に自分の身を置くと気が引き締まり、自分も頑張ろうという気持ちになれました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

工学という分野を総合的に学び、大学の勉強の中で自分の専門分野を決めることのできる大学だったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生の分岐点です。第一志望校の大学に行けるor行けないではなく、受験に向けて頑張れるor頑張れないかが今後の人生を大きく分けるのではないかと思いました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分は芸術やエンタメなどの自己表現をする人や笑顔を届ける人の役に立つ技術や製品を開発し、昨今の大変な世の中を明るくする助けがしたいと考えています。そのためのアプローチはたくさんあると思うので、この先多くのことを学び、たくさんの方法でこの夢を叶えたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
共通テストという初めての形式だったので、過去問がなく、全て予想問題だったがどれも良い問題でとても良い訓練になった。過去問演習講座のおかげで本番に対応できた。

東進模試
受験を振り返ってみると、テストの雰囲気に慣れることは自分が思っていた数倍大事な事だと実感しました。

担任指導
映像だけでは分からなかった細かい疑問も聞けるし、個人的には対面で教えてもらうと理解しやすかった。他愛のない会話をすることで緊張がほぐれ、メンタル面での支えとなった。

Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
多くの人が苦しんでいる長文でしたが、面白い話と分かりやすい授業のおかげで苦手意識がなくなり、実力もつきました。

【 スタンダード物理 Part1 】
物理を難解な数式ではなく、イメージや図で教えてくれるのでとても分かりやすかったです。講師の先生が個性的なので飽きずに視聴することができました。

宇都宮大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14