合格

ぞくぞく公開中!1553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科二類

no image

写真

早水遼馬くん

東進衛星予備校金沢本町校

出身校: 金沢泉丘高等学校

東進入学時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

あらゆる模試で形式に慣れること

 僕は高2の4月から東進に入学したのですが、4月から6月の3ヶ月くらいは、ほぼ毎日東進に通っていたと思います。この時は毎日数学と英語の問題集を何ページやるとかを決めて計画的にやっていました。この時にコツコツやったおかげで数学と英語の読解は知らないうちに、得意になっていました。

2年生の初めから東進で共通テスト模試と東大本番レベル模試を受験していました。共通テスト模試に関しては開催頻度が高く飽きるほど受けて、形式も頭の中に刷り込まれたので(本番は形式の変更が多かったですが)これだけ多く受けることができて良かったと思っています。

東大本番レベル模試も2年生の段階から3年生の受験が多い中一緒に受けさせてもらえとても良かったです。東大は二次の配点が多く、形式も難しいのではやくから東大型の試験に慣れることができました。これがなかったら東大合格は難しかったとまで、いえるかもしれません。

受験は本番にどれだけ点数を取れるか、それだけで合否が決まります。そのため試験当日に自分の力がピークを迎えるように調整しましょう。僕は夏前にA判定を取っていましたが、そこをピークに徐々に落ちていきました。(当日までに、また上げました。)あとは、絶対受かるんだ!という楽観的な気持ちです!頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

皆、通っていたから。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
まず数学の長岡恭史先生の講座をお薦めします。長岡先生の授業とはとてもレベルが高く初めは理解が難しい箇所が多かったですが、テキストを何周も解くことで、だいぶ数学は得意になりました。東大模試でも一度満点を取れました。次にお薦めするのは現代文の林修先生です。東大の現代文を得意になろうとするなら、様々な場で言われているように林先生の講座を受講するべきだと思います。林先生の論理的で自信満々の解答作成は僕たち受験生にとって最も信頼のおけるものとなります。講座で仰っている内容を何度も復習して解答時に意識すれば高得点も狙えるでしょう。

模試


高速学習


東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9