ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1651人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
グローバル・コミュニケーション学部

no image

写真

中山桃華さん

東進衛星予備校倉敷駅前校

出身校: 倉敷青陵高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: ダンス同好会

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

定期的に担任の先生の話が聞ける環境が有難かった

 高校1年生の時から志望していた大学に合格出来て嬉しく思います。東進での学びが合格につながったと感じました。理由は主に3つあります。

1つ目は、必要な教科に絞って勉強できたことです。私は高校1年生の時から私立大学が第一志望だったので、1,2年の時に国語、英語の科目に絞って集中的に学んだことで、3年生から少し難易度を上げた内容や、日本史の勉強もスムーズに進めることができました。

2つ目は、入試直前まで一般入試の対策を並行できる環境があったことです。「第一志望に合格する機会が増えるなら」と思い公募推薦を受験しましたが、不合格の可能性のほうが高いことを頭に置き、一般入試の勉強をしました。もし不合格でも一般に向けて勉強してきたこと、残っている志望校別単元ジャンル演習講座や過去問演習講座など東進でまだまだ対策できることがあると考えると、気楽に試験に取り組めました。

3つ目はホームルームです。担任の先生が受験に関する新しい情報や、過去のデータからのアドバイスを毎回教えてくださるのですごくよかったです。ホームルームが終わると「もっと頑張らないと」と思えるため、定期的に担任の先生の話が聞ける環境が有難かったです。

後輩の皆さんにおすすめしたいことは、困ったら担任助手の方に質問やアドバイスをいただくことです。体験談を交えて的確に、真摯になって教えてくださるので、困ったときは頼るべきだと思います。他には、東進マイページでカレンダーを見ることです。自分が何時に登校して何時に帰ったのか、何個受講したのかがすべて記録されているので、勉強のやる気が出なくなったときはそのページを見て、「今週はこんなに頑張ったからもっとできる!」とモチベーションを上げたり、逆に少ない時はそれを見て自分に喝を入れたりしていました。

私は将来、日・中・英の言語を使い分ける外資系の客室乗務員、日中間の架け橋になりたいと思っています。そのため、にまず大学で中国語や中国の歴史、経済を学び、中国について深く知り、留学を通してリアルな中国を理解します。私が進学する学部は外国人留学生のみが在籍するコースとの交流が盛んなので、コロナ禍でもできる国際交流を率先して行っていきます。また英語も中国語に劣らないよう、独学で学び続ける予定です。大学4年間を無駄にしないよう、日々勉強に励んでいきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常に何をするべきか明確に教えてくださるので、勉強を迷わずに取り組めた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分の学びたい科目を絞れるから

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業。自分が画面で見ていた先生の授業を実際に生で聞けるのは、とてもうれしかった。一年の時に参加した授業は今でも覚えているくらい面白かった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学のHPを頻繁に見ていた

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

留学がカリキュラムに含まれていること

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

日中間の架け橋になれるような人物になること。具体的には日本人の中国人に対する偏見を少なくすることです。生まれた国、文化が違うのだから政治や考え方に対する批判があるのは当たり前だと思います。しかし、中国の異質だと思う点と”中国人”を繋げて考えている人が日本人に多くいると感じています。実際に私の友人にもいます。日本にもいい人と悪い人がいるように、中国人全員が悪い人ではないのです。なので私が中国や中国人のことを大学で学び、中国人に対するイメージを身近な人から変えていけるようになりたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】


【 スタンダード日本史B PART2 】


同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 23