ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1651人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
商学部

no image

写真

村越想太くん

東進衛星予備校浜松駅前校

出身校: 浜松西高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: サッカー部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

「周囲の人」「定期テスト」「メリハリ」「計画」の4つを大切に受験生活を送って欲しい

 まずは、第一志望校合格を果たした今最高に嬉しくまた、心の底からホッとしています。僕にとって受験生活は思っていたよりも苦しいものではありませんでした。その理由として自分が「これは確実にそうだ」と思えるものが2つあります。

一つは、受験期に突入する以前に、受験期よりも苦しいこと大変なことに全力で取り組んできたからです。具体的には、学校の生徒会長とサッカー部の部長を兼任しながら、成績も落とさないように無我夢中で勉強していた時期が、精神的にも身体的にも僕にとっては、とても大変な時期でした。僕自身の不器用さが主たる要因なのですが、サッカーも勉強もあらゆることで上手に手を抜くということができず、基本全て全力投球で日々を過ごしてきました。その甲斐あって受験という大きな壁にも怖気づくことなく、胸を張って前向きに全力で取り組む事ができました。

もう一つは、ともに苦楽をともにしてきた仲間の存在があったからです。全力で前向きにとはいっても、模試などで思うような結果が出ず落ち込んでしまい、ときには立ち止まりそうになることもありました。そんなとき、話を聞いてくれる友達、励ましてくれる友達、叱ってくれる友達、肩を並べて切磋琢磨できる友達などたくさんの素晴らしい友人と東進で学べることが、自分にとって大変大きなモチベーションとなっていました。

最後にこれから受験を迎える方々に4つの「大切」にしてほしいことをお伝えします。

1つ目は、「周囲の人を大切に」です。上記にも挙げた通り、皆さんの周りにいる友人は受験生活において唯一気持ちを分かち合えるかけがえのない存在です。そして忘れてはならないのは、やはり家族の存在です。自分が今東進に通うことができているのは誰のおかげか、自分が今ご飯を食べていられるのは誰のおかげか、自分に毎日帰る場所があるのは誰のおかげか、少しでもいいので考えてみてください。今の自分の生活の大半は、親御さんが皆さんを想って与えてくださっているものです。それを理解していれば、家事を頼まれて「俺受験生だから。無理に決まってんじゃん。」なんて言葉は出ないでしょうし、事あるごとに自然と「ありがとう」の言葉が出てくるはずです。友人や家族など皆さんを支えてくださっている方々の喜ぶ顔が見たい、その気持ちを持つだけで、十分受験に望む姿勢は変わってくると思います。

2つ目は、実践的なことですが、「定期テストを大切に」です。これには2つの理由があります。

一つは、受験勉強において全く新しく覚える量を極力減らすためです。受験勉強とは基礎学力を向上させることが目的ではなく、志望校に合格することが目的なわけです。具体的に言いますと、受験勉強で最も時間を割いてやるべきであると私が考えるのが、「基礎固め」ではなく「過去問演習」だということです。

僕自身の体感としても、1,2年生の頃から定期テストをペースメーカーにして努力を積んできた方は、受験期に飛躍的に伸びる傾向があると感じました。1,2年生で勉強した内容を高3になって忘れてしまっていたとしても、過去に一生懸命やった方とそうでない方とでは想起にかかるスピードや深度が違うため、学習効率も伸び率もはるかに異なります。

二つ目は、学習習慣を身につけるためです。部活動や生徒会活動、郊外活動などとても忙しい日々を送っている中で、確実に毎日勉強をするというのは大変困難なことであると思います。しかしそうした中でも、ある程度ペースを保って学習を積まないと、受験生になったときに集中力が保てず苦労することになります。そこで非常に効果的なのが定期テストです。毎日は厳しくても、定期的に訪れるテストに標準を合わせて局所的にでも本気で努力をすると、受験期への移行がスムーズになると思われます。

三つ目は、「メリハリを大切に」です。受験期において、常に緊張状態を保つということは非常に困難で、健康面で考えてもあまり得策とは言えません。ときには自分の好きなことをする息抜きの時間も必須です。ただしここで絶対に必要なことは自分ルールをつくり、それを周囲に伝えることです。自分ルールを作ることで、自制心が働きますし、もしルールを破った際には大きな罪悪感がのしかかってきます。この罪悪感が何より大事だと私は考えています。人間誰しも完璧ではありませんし、うまく行かないことのほうが多いです。そんなときこの罪悪感が僕の焦燥感を煽ってくれますし、集中せざるを得ない精神状態を作り出してくれます。

また、自分ルールを周囲に伝えることで、そこにある種の責任が生まれ、周囲の目が自身を勝手にやる気にさせてくれます。このようにして自分ルールを作ることで、勉強をするとき、運動をするとき、遊ぶときなどあらゆる局面でメリハリを付けることができるようになります。くれぐれも中途半端にやらないでください。遊びも含めて全力でやることが肝心です。

4つ目は「計画を大切に」です。これは三つ目にも通じる内容ですが、やはり人間誰しも怠けてしまいます。現実的な計画を立ててある程度機械的に実行していくのは、夏休みなど多くの自由な時間が与えられたときや、精神的に参ってしまったときなどに大きな力を発揮します。計画を立てず目の前のことだけをやっていると、目標を見失ってしまい、やる気喪失などの原因にもなりかねません。

まずはマクロ的な視点に立って目標への大まかなプロセスをつくり、徐々にミクロ的にな視点を取り入れて、最終的には修正も加えつつ分単位の計画ができると、少なくとも受験期においては個人的には良いのではないかと思います。

結論をまとめます。皆さんには「周囲の人」「定期テスト」「メリハリ」「計画」この4つのだけはどうか大切に受験生活を送って欲しいと私は思います。先輩方が口を揃えておっしゃるように、受験とは学力はもちろんですが、己の人間性を成長させてくれるものだと僕自身大変実感しました。これから受験を迎える皆さんが、志望校合格という一つの大きな夢が実現することを心より願っております。

僕自身の今後展望としては、具体的な職業はまだ決めていませんが、僕の大好きな地元「浜松」のさらなる発展に寄与していきたいと考えています。そのためにまずはソトの世界を知るところから始めるつもりです。

早稲田大学商学部に進学し、国際リーダー養成を目的とした、英語中心のプログラムであるglobal management programに参加します。また、住居も大学直営の国際寮に住み、多種多様な留学生と寝食をともにしたいと考えています。大学二年では一年間の留学も考えているので、学力や語学の面でも早めから準備をしていく所存です。このようにソトの世界を知った上で、ウチである日本および地元「浜松」に貢献していきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習計画など、大方自分に任せてくれていたことがとてもありがたかったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

夏の体験講座が無料で、その講座自体や東進の学びのシステムに大変賛同できたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力、計画を立てる力コミュニケーション力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

計画を信じて機械的に実行する、友人と話をする、勉強を中断して遊ぶ

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格後の自分の想像

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

師事したい教授がいらしたこと

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自身の成長段階、通過点の一つ

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

具体的には決めていません。世界を知り、日本および地元「浜松」に貢献します。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問に繰り返し取り組むことで、共通テストや2次試験の傾向や自分自身の弱点が明確に見えてきました。

学力POS
自身の東進での学習におけるデータが蓄積されているため、自分の弱点や自分の取組状況を明確に把握することができました。また、このシステムによってデバイスとインターネット環境さえあれば、場所を選ばずに学習できるのも、大変便利でした。

東進模試
一つも手を抜くことは許されないもので、とても良い対策になりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
僕は共通テストが非常に苦手で、特に英語と数学はなかなか問題になれることができず苦戦しましたが、解説動画や反復演習のおかげでなんとか克服することができました。

【 難関大対策 自由英作文 】
この講座は宮崎先生のおかげで、新発見がたくさんありました。特に語彙のコロケーションや英作文における型など学ぶことが多くあって非常に面白かったです。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 32