ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1646人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

学習院大学
理学部

no image

写真

後藤綾音さん

東進ハイスクール湘南台東口校

出身校: 横浜市立桜丘高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: バスケ部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

とにかく解いて復習するサイクルで勉強のコツを掴むことができた

 東進に入ったのは2年の11月で、本格的に受験勉強を始めたのは部活を引退した3年の6月です。東進に入ってから約半年は、部活の活動量がかなり多く、両立ができたとは言えない生活でした。夏頃にまだ授業を受けていたので自分が遅れてると感じ、かなりスピードアップして過去問演習も計画通りの夏休み中に終わらせました。秋から志望校別単元ジャンル演習講座を使って、演習量を莫大に増やしてとにかく解く→復習→解く→……を繰り返し続け、コツを段々と掴めるようになっていきました。

英語の志望校別単元ジャンル演習講座をやりまくったので、長文の読解に慣れてだいぶ読めるようになりました。また、単語が本当に大事だとすごく感じるようになったので高速マスター基礎力養成講座の英単語帳を毎日スキマ時間にやっていました。化学は志望校別単元ジャンル演習講座はもちろん、東進ブックスの一問一答を毎日やって暗記事項をとにかく詰めました。

数学は公式を覚えておくだけでは問題が解けないので、志望校別単元ジャンル演習講座は演習量を大事にしつつ、復習をしていました。11月から12月中旬まで受験校の過去問の本をやれるだけやりました。共通テストでは思っていたようには上手くいかず、点数は低かったです。しかし、そこから一般に向けて切り替えて過去問中心で第1志望校対策演習、志望校別単元ジャンル演習講座の究極セットなども使って、私大の試験までやりきりました。この時期は不安が特に大きかったのでとにかく質を高めつつ、やれるだけやりました。その結果、対策していた大学から合格を頂けました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

的確なアドバイスを頂きました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

悩みや不安を優しく聞いてもらえたのでとても話しやすかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本番に1番近いから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家の近くにあり、知名度があったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

悩みをたくさん打ち明け合った。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

諦めないこと。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

推薦で決まっていく人が出てきた時期

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

一年のときに直接オープンキャンパスに行き、雰囲気がすごく好きだったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛いけど経験できてよかったもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

メーカーに就くこと

Q
おすすめ講座
A.

【 微分積分 特別講義 】


【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】


学習院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 18