ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1652人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

増田航希くん

東進ハイスクール赤羽校

出身校: 早稲田高等学校

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: バスケ部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

おすすめの講座は基礎強化古文

 早稲田大学文化構想学部に進学することになりました、増田航希です。僕が東進に入って一番良かったことは、勉強する習慣をつけられたことです。僕は、中学生の時も高校一年生の時も全然勉強していませんでした。しかし、東進に入ってからは、担任の先生や担任助手の方と計画を立てながら、協力し合って勉強を効率的に進めていくことが出来ました。

勉強を始めてから最初に受けた東進模試では、あまり良い成績は出ませんでしたが、担任の先生と反省や話し合いをし、次回に向けた面談を重ねることにより、みるみる成績が伸びていきました。

高2の終わりにうけた共通テスト本番レベル模試から、高3の夏に受けた共通テスト本番レベル模試では、偏差値が60から65まで伸びました。これも担任の先生のサポートがあったおかげだと思います。

僕の中で特におすすめの講座は、基礎強化古文です。中学時代勉強をあまりしてこなかった僕にとって、古文の勉強は割と辛いものでした。しかし、基礎強化古文では、基礎の基礎から古文を教えてくれるうえ、最初に文法を叩き込んでから、古文の文章を丁寧に教えてくれます。古文に自信がない人は、これを受講することで、古文に対する苦手意識が必ず少なくなると思います。

僕が受験における勉強で少しでも後悔しているところがあるとすれば、もう少し早めにコツコツと勉強しておくべきだったということです。特に高2の夏休み明けくらいから勉強の習慣をつけておいた方がいいのかなと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

苦手分野を克服するための講座をスムーズに組んでくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強の合間に相談に乗ってくれた。計画など色々細かな相談や協力をしてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

早慶上理・難関国公立大模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

記述力も試され、より本番に近づいた形での試験だから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業が良かったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

週1で友達と情報共有や雑談をするなど、非常に有意義な時間だった。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
2ヶ月ごとに自分のその期間の学習の成果を確認でき、学力推移をわかりやすく表示してくれるから。

実力講師陣
90分という短い時間でも、圧倒的な情報量と説明力で充実した勉強ができるから。

高速マスター基礎力養成講座
英単語を覚えられるスピードが、単語帳の比ではないから。

Q
おすすめ講座
A.

【 基礎強化古文 】
古文を基礎の基礎から学び、その後長文や古文を丁寧に教えてくれるから。古文の勉強をあまりしてこなかった人や、古文が苦手な人におすすめできる。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 38