ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1646人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

立教大学
経済学部

no image

写真

川合美羽さん

東進ハイスクール千葉校

出身校: 千葉市立千葉高等学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: 弓道

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

受験勉強を通して人として一歩成長できた

 私は、受験勉強を通して人として一歩成長できたと思います。思うように成績が伸びず、それでも勉強を続けなければならないという葛藤に苦しんだり、勉強しなければならないと分かっているのに上手く行動に移せない自分が嫌になったりして、どうして私はこんなに辛い思いをしないといけないのかと思うこともありました。それでも、最後まで頑張り続けることができた自分は、今では少し大人になれたのかなと感じます。

私が東進に入学したのは、高校一年生の春です。これは、周りよりは早い入学だったと思います。しかし私は、いつかやってくる受験というものを全く身近に感じられず、ただ受講をするだけで危機感がありませんでした。高校一年生から大学受験を意識して勉強に打ち込むのは難しいことですが、私にはそのチャンスがありました。今思うと、もっと前からやっておけばよかった、入学当初からもっと真面目に取り組んでおけばよかったと感じます。

後悔する半面、良かったと感じることもたくさんあります。一つは高速マスター基礎力養成講座で学べたことです。これは東進生の特権だと思います。参考書として販売されていますが、東進生はアプリやインターネット上で手軽にできるので、私はよく利用していました。私の英語力が伸びたのは、高速マスター基礎力養成講座のお陰です。共通テスト対応英単語1800を進めるにつれて英文が読めるようになり、高校2年生の模試の際にスラスラ英文の内容が頭に入ってきた感覚は今でも忘れられません。さらに、上級英単語1000を高校3年生になって始めたことでさらに難しい英文が読めるようになったのです。高速マスター基礎力養成講座は素晴らしいシステムです。これを頭に叩き込み、早い段階で自分のものにしてしまえば、大学受験に必須である英単語帳も要りません。こう自信をもって言えるのは、私自身が英単語帳を使わず主に高速マスター基礎力養成講座の単語を覚えることで英語の勉強を進めて英語力を伸ばし、英検準1級を取得したからです。もちろん高速マスター基礎力養成講座だけをやれば良いという訳ではありませんが、少なくとも私はこのシステムの力が一番大きかったと感じました。

二つ目は担任の先生との面談です。私は本当にたくさん話を聞いてもらって、その度に勇気づけられました。模試の成績が良くなくて自信をなくしている時も、いつも「大丈夫だよ」と自信を持たせてくれたり、私の勉強計画を一緒に考えてくれたりとたくさんお世話になりました。私にとって担任の先生はとても大きな存在で、それは他の受験生も同じだと思います。悩みを相談して一緒に一歩一歩合格に向けて進むことは本当に大事なことです。成績や勉強の進捗具合は一人で抱えてしまいがちだと思います。でも、それでは辛くなっていつか限界が来ます。自分が今正しく勉強をできているのかを確かめるためにも、担任の先生や担任助手の方を信頼して一緒に前に進んでほしいです。私が受験で良い結果を残せたのも、私だけの力じゃありません。お金を出してくれて、そばで応援してくれて家でサポートしてくれた両親、そして東進のスタッフの皆さんにとても感謝しています。自分を応援してくれている方々に恩返しがしたい、笑顔で合格報告がしたい、応援してよかったと思ってもらえるような結果を残したい、そう思ってここまで頑張れました。本当に今までありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめ講座
A.

【 的中パワーアップ古文(標準編) 】


【 スタンダード日本史B(日本社会経済史Ⅱ) 】


【 スタンダード日本史B(日本社会経済史Ⅰ) 】


立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11