ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
情報コミュニケーション学部

no image

写真

林昂介くん

東進ハイスクール川口校

出身校: 成城高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

過去問演習講座が充実しているところが強み

 僕が東進に入学したのは、高2の9月ごろでした。入学したきっかけは、学校の部活の友達が東進に通っており、僕も受験勉強を本格的にスタートしようと思ったからです。部活と勉強を両立させながら、受講や高速マスター基礎力養成講座をコツコツ進めることができました。東進は部活をやりながらでも進められるコンテンツが多いので、部活生も頑張ってほしいと思います。

受験生になってからは、早い時期から過去問演習講座を使って、たくさんの演習を重ねたことが、僕が合格を勝ち取ることができた要因だと思います。過去問演習講座が充実しているところが東進の強みだと思います。そこで多くの演習を重ねたうえで、志望校別単元ジャンル演習講座に取り組むことで、自分の弱点をつぶすことができました。ぜひ、多くの東進生におすすめしたいと思います。

また、共通テスト本番レベル模試のおかげで、本番の共通テストで臆することなく受験することができました。また、チームミーティングの仲間と話すことで、普段の勉強でたまったストレスを解消できる貴重な場となりました。

担任の先生や担任助手の方たちが毎日気さくに話しかけてくれたおかげで、勉強に集中できる環境を作ってくれました。今後は、東進で培った経験を生かして、メディア関係の仕事に就くという自分の夢のため、雑誌やネット記事などに触れて、ライターとしての感覚を磨き上げていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

常に自分のモチベーションが上がるような声かけをしてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

チームミーティングなどで自分の状況を気にかけてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

難易度が高いので、本番で臆することなく受験できたから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友人が通っていたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなで勉強のことだけでなくコミュニケーションを取り、お互いを刺激し合ったこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業に参加して、対面で授業を受けることで、映像による授業とは違うことを吸収できたこと。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休み期間とてもつらかったが、友達や担任助手の方との交流で乗り越えることができた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学生になってからのことを想像すること。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

メディア関係の仕事に就いて、様々な情報を発信していくこと。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
実際に入試問題に触れることで、学力を向上させることができたから。

東進模試
難易度が高いので、本番で臆することなく受験できたから。

担任指導
ストレスを与えないように接してくれたから。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
日本史の流れが理解できるような板書をしてくれたから。

【 スタンダード日本史B PART2 】
日本史の流れが理解できるような板書をしてくれたから。

明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 32