ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
商学部

no image

写真

伊澤稜平くん

東進ハイスクール北千住校

出身校: 淑徳巣鴨高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: バレーボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

自分に負けないで最後まで努力を続けていく

 僕は東進ハイスクールに高3の4月に入学しました。この時期は、自分と同じレベルの大学を目指す人たちに比べるとかなり遅い入学だったと思うし、周りに後れを取っている自覚があったのでとても不安でした。また、自分はバレーボール部に所属していて、夏前までは勉強と部活を両立させる日々が続きました。

僕が初めてとった講座は渡辺勝彦先生の講座と国語の私大現代文読解で、どちらの授業もわかりやすく、生徒の集中力を保つために色々な面白い話を授業中にしてくれて、自分のやる気を保ちながら授業に真剣に向き合うことができました。

また、僕が一番ためになったと思う講座は、過去問演習講座です。過去問を10年分解き、その大学の入試傾向を夏までにつかんでおくことで、この大学に合格するためには自分に何が足りないのかが明確になり、残りの受験勉強の計画を立てやすくなりました。

そして、週に一回のペースで行われるチームミーティングでは、自分と志望校のレベルが同じくらいの人たちで構成されるため、お互いのことを高めあったり効率の良い勉強法などを共有したりして、勉強へのモチベーションを保ちつつ、ちょっとした息抜きにも使えてとてもいいシステムだと思いました。

この1年間の受験を通して思ったことは、受験は自分との闘いであるということです。僕も何度もあきらめかけて、志望校を下げようと思ったり勉強をやめたいと思ったこともありました。しかし、最後まであきらめずに今まで積み上げてきたことを信じていけば、自ずと結果もついてくると思います。なので、これから受験をする人たちにも自分に負けないで最後まで努力を続けていってほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試がうまくふるわなくても励ましてもらえたり、自分の悩みを真摯に聞いてくれたりした。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の苦手な英語についてどのように対処すべきか一緒に考えてもらえた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

共通テストは誰もが受けると思うので、力試しにもなりお勧めです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業が主なスタイルだと聞いて、自分のペースでやりたい僕に合っていると思ったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなでどんな勉強をしているのか共有してモチベーションを上げた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

フィジカルやメンタルの強化ができ、集中力や忍耐強さが身についた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

英語が読めなくなって受験が怖くなったことがあったが、もう一度基礎から見直して、忘れていたことを思い出して乗り越えた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同級生の友達と話すことと志望校のパンフレットを読むこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

周りが目指していて、調べるとおもしろそうなことを学ぶと知ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

弱気な自分との戦い

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で習うことを生かして、人のために頑張れて、そして人から頼られるような人になりたい。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 明治大学商学部 】
過去問に実際に触れることで大学の傾向をつかめ、解説授業もついているので、疑問をしっかり解消して次の年度に進めるのがよい。

【 難度別システム英語 総合編(長文読解中心)Ⅴ 】
長文の読み方だったり文法の確認だったりもできるため、英語の総合的な力を養うことができる。

明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 20