ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1645人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

青山学院大学
経済学部

no image

写真

小林利華子さん

東進ハイスクール蒲田校

出身校: 成城学園高等学校

東進入学時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

自分を追い込みすぎず、余裕を持った生活が大切

 私が東進に入ったのは高2の3月で、受験勉強をしていた期間は1年弱でしたが、志望校に合格できた理由はライバルを作ったことと、入試本番で緊張しなかったことだと思います。受講や高速マスター基礎力養成講座は、いつも誰よりも早く終わらせるつもりでいて、家でも通学中でも進めました。校舎にランキングが貼り出されていたのを見たり、学校の友達やチームミーティングの中で競ったりしてモチベーションを上げました。モチベーションが上がらないときは自分の中で目標とする人やライバルを決めて競うように勉強すると集中できると思います。その結果を模試で定期的に確認して、志望校判定は気にしすぎず周りの友達やライバルと比べることで、次に向けて自分を奮い立たせました。そのようにして先に進もうと勉強した結果、自信につながり本番でも緊張しなかったのだと思います。

また不安なことや分からないことは担任助手の方に相談して、すぐに解決できたこともよかったです。勉強しているのはみんな同じなので、少しでもリードできるようにする努力も大切ですが、本番に強くなることが重要だと思います。そのためには模試を毎回真剣に受けたり、常に最悪の事態に備えておいたりと、試験に慣れる必要があります。また本番直前は絶対に自分を追い込みすぎず、余裕を持った生活が大切です。一度失敗しても気にしないで次に備えてください。合格してしまえば、頑張ったことも辛かったこともすべていい思い出になって、その後の自信につながるので、本番までは前向きな気持ちで頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

おすすめの受講講座を教えてもらったこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試での失敗や勉強法のことでたくさんアドバイスしてもらったこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国有名国公私大模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手な分野などが細かく分析されている

Q
東進を選んだ理由
A.

家でも受講ができるから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

それぞれの学校のことで話したり模試の結果を報告したりしたことが息抜きになり楽しかったのと、やる気にもなった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

スキマ時間の活用

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業がとても楽しかった

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

頑張っている友達に相談する

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

人と比べる

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

友達にすすめられた

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の力を知ることができる機会

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

自分で積極的に勉強してきた経験を通じて、様々なことに積極的に取り組めるようになりたい

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
定期的に受けられるから

高速学習
早くインプットできる

過去問演習講座
早くに志望校の傾向がわかる

Q
おすすめ講座
A.

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
紛らわしいところや間違いやすいところを完璧に理解できる

【 入試直前まとめ講座 古文のまとめ 】
今までの総復習ができる。

【 記述型答案練習講座:上位大対策 自由英作文 】
先生が面白く、添削もしてもらえる

青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12