ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1645人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

立命館大学
法学部

no image

写真

岡澤穂乃花さん

東進衛星予備校豊橋南栄校

出身校: 時習館高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: テニス部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

自分のことをよく知る

 私は高校二年生の秋から東進に通い始めました。それまでは定期テストでいい点数を取るためだけの勉強をしていましたが、東進には講座の他にも高速マスター基礎力養成講座や今日のコラムなど、受験を意識して勉強ができるようなコンテンツが揃っており、それらを活用することで、受験生になる前から徐々に実力をつけることができたと思います。特に英語の高速マスター基礎力養成講座は、毎週のチームミーティングで目標を設定することで継続して取り組むことができました。

私はこの受験を経験して、大切だと感じたことがあります。それは自分のことをよく知ることです。私は友人に勉強方法を聞いて、それをそっくりそのまま真似して勉強していたのに、なかなか伸びないことがありました。しかし、学校や東進の模試の結果を見たり、担任の先生に相談したりして自分の学力レベルを把握し、やるべき事を明確にすることで効率的に勉強できることに気づきました。さらに、講座にも様々なパターンがあってたくさん紹介してもらいましたが、私は何度も繰り返して勉強する方法が自分に合っていると思ったので、適量数の講座にじっくりと取り組みました。皆さんも、早めに自分なりの勉強方法などを見つけて頑張ってください。

そして、もう1つ大切だと感じたことは、友人と東進に来ることです。私は東進に来るときはほとんど部活の友人たちと一緒で、ご飯を食べたり、少し話をしたりするだけで気分転換ができました。

受験を終えて、悩んだり苦しんだりしたこともあったけれど、東進の先生方や友人や家族の支えがあり、志望校に受かりたいという想いを持って努力できて良かったと思います。これから受験生になる皆さんも、東進の様々なコンテンツを利用して、応援してくれる人たちの期待に応えられるように頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

頻繫に声をかけてくださって、自分の学習状況やアドバイスを話してくださってうれしかった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

おすすめの学習方法などを話してくださったり、受験前日にも応援してくださったりしてうれしかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

二か月に一度あるので、問題に慣れることができた。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進は講座を何度も繰り返して受講ができるし、高速マスター基礎力養成講座などのコンテンツに魅力を感じたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

チームの目標は必ず達成するようにした。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

部活の友達と仲良くなれた

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業で、将来の視野が広がった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友達に相談した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と話すこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学部で勉強することに興味を持ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

努力し続けることの大変さと大切さを学ぶ機会

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
自分の実力を把握できた。

確認テスト
学習内容を確認できた。

志望校対策特別講座
志望校に合格できるまでの距離を明確にできた。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史〔文化史〕 】
教科書に載っていないところまで学習できた。

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
何度も音読して学習することで、英文を読むスピードが速くなったことを実感した。

【 過去問演習講座 立命館大学(全学部日程) 】
映像による授業で、頻出範囲などを知ることができた。

立命館大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 103