ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1646人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

立教大学
法学部

no image

写真

吉田倖くん

東進衛星予備校東北大病院前校

出身校: 宮城第一高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 弓道部 副部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進のシステムはやる気次第で着実に成績が伸びる

 長かった受験期間も終わり、無事第一志望に合格することができ、今は安どの気持ちと春からの新生活に希望を感じています。受験勉強を始めたころは雲の上の存在だった志望校も、日数を重ねるごとに徐々に合格を意識できるようになり、このように現役で合格することができたのも東進での学びがあってのものだと思います。

東進のシステムはやる気次第で着実に成績が伸びると思うので、これから受験を迎える後輩の皆さんには、多少背伸びをしてもいいので本当に行きたい大学を見つけて、目標に向かって進んでほしいと思います。安河内先生のCMでの「過去の成績なんて関係ない!」というセリフにもあるように、自分で限界を決めずに頑張ってください。今は終わりが見えず辛く苦しいかもしれませんが、終わってみると案外悩みすぎることもなかったのかなと思います。今の皆さんは100%伸びしろしかありません。自分を信じて頑張ってください。

僕は高3になるまで勉強という勉強をまったくしないで、受験を迎えることになりました。今思うともっと早く勉強を始めればよかったのですが、もう遅いですね。部活をやっている皆さんは一日に何時間も勉強をするということは難しいと思います。その日の授業の復習と単語など何でもいいので、机に向かう習慣を作るといいと思います。偉そうに言っていますが、僕はそれができませんでした。この後悔を味わってほしくないので、皆さんは何かできることをすぐに始めて下さい。

ここからは僕の具体的な勉強を、得意になった英語に絞ってお話ししようと思います。英語はもともと苦手意識はなかったのですが、初めて共通テストの過去問を解いたとき半分くらいしか取れませんでした。自信がなかったわけではなかったので、何か自分を否定されたようなそんな気がしました。そこから長文問題に取り組んだのですが、まったく読めるようにならなくて絶望しました。考えると、中学レベルの単語しか知らないのに長文なんて読めるはずもなく、まず春から夏にかけては英単語の高速マスター基礎力養成講座をひたすらやりこみました。これは持論ですが、勉強をスポーツに例えると単語や文法は筋トレのようなもので、体つくりができていないのに試合をしても勝つことはできません。単語をおぼえて体づくりをし、練習(問題演習)に取り組み、練習試合(模試)で伸びたところや課題点を見つけていく、こう考えると何から取り組めばいいのか一目瞭然だと思います。

単語熟語など基礎的な事項は、着実に覚えられるように何度も何度も取り組みました。僕は声にだしながら繰り返しノートに書きこんで覚えました。暗記の仕方は人それぞれあるので自分に合ったやり方を見つけるといいと思います。書き込んだノートは努力を可視化できるので、自信につながり、おすすめです。センター試験の過去問を解いて、わからない単語がないくらいのレベルまでおぼえたら完璧だと思います。多すぎると思うかもしれませんが、試験や共通テストの問題で出てくる単語は案外パターン化されているので、そこまで多くはありません。

次に問題演習に入るのですが、まずは時間制限などを設けずにしっかり根拠をもって答えることを意識することが大事です。時間を計って回答するのは秋ごろからで十分だと思います。以上のように学習を行い、8~9割を安定してとれるようになりました。

また、これはほかの教科でもいえることですが、入試本番は当然緊張します。想定外のことが起きたり、普段ならしないようなミスをしてしまったり、多くの人はいつもより5~10点下がると思っていたほうがいいです。本番8割取りたいなら模試では9割安定してとれるようにしたほうがいいです。あとこれは僕自身の教訓ですが、絶対満点!みたいな完璧主義は絶対にやめたほうがいいです。時間が足りなかったり、どうしてもわからなかったりしたら潔く次の問題の進む勇気も必要だと思います。

僕は共通テスト本番で、満点をとれるんじゃないかという淡い期待のもと、欲をかいて当初予定していた時間配分を大幅にオーバーしてしまうという最悪な結果になってしまいました。終盤の問題に十分時間をさけず、焦ったことで95点を目標にしていましたが実際は87点でした。自分は何点取るべきなのかをきちんと把握して実力以上のことは望まないことが非常に大事だと思います。

また、受験生の皆さんには東進のコンテンツを最大限有効活用してほしいと思います。私立を考えている人は有名国公私大模試などの共通テスト以外の模試をぜひ受験してください。共通テストと私大の問題は全く別物といっていいくらいなので、自分の実力を測るという意味でも受けてみるといいと思います。そのほかにも志望校別単元ジャンル演習講座は、少し値段は張りますが、過去問がほぼ無限に解けるので試験直前期はひたすら取り組んでいました。リスニングのアプリなど、意外と知られていないものもたくさん使って成績向上に役立ててください。

最後に僕自身に目標をお話しします。現在、世界の情勢が目まぐるしく動き混沌とした時代を生きている私たちですが、そういう状況だからこそ自分から動かないと何かを変えることはできないと思います。幅広い知見を携え、国内外問わず活躍して日本を自分の力で少しでもよくすることができたら、今まで育ててくれた親は勿論、関わってくれたすべての人に恩返しができると思っています。今日より明日頑張れる強い人間になれるように、頑張ります。受験生の皆さんも未来をみすえて頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

進捗を客観的に評価してもらえるところ

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学でのいろいろを教えてもらい勉強する意欲につながった

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国有名国公私大模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

地歴科目の出題が私大の実際のものに忠実で自分の実力がわかりやすい

Q
東進を選んだ理由
A.

進学実績と高校から近かったため

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りに負けないようにと受講を進めるきっかけになった

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校行事はとにかく全力で取り組む。勉強とのメリハリをつけることで学習にも身が入ると思います

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

E判定しか取れなかった時期は落ち込みましたが、模試など受けるたびに課題を見つけて、とにかくできるようになるまで取り組みました

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

定期テストで一教科だけでもいいので学年一位をとれるように頑張りました。受験本番では、自分が取れない問題は周りも取れないはずだという謎の自身につながりました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分の学びたい学問が学べることと、校風がいいなと思えたからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

終わりの見えない孤独なものだと感じていましたが、終わってみると案外あっけないというか周りもつらかったのでそこまで重くとらえすぎることもなかったのかなと思いました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

形は決まっていませんが、日本を少しでも良くできるような仕事ができればいいなと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
成績返却が非常に早いため復習を効率的に行える。

高速マスター基礎力養成講座
アプリを利用することで隙間時間にも学習することができる。確実に覚えないと完全習得できないようになっている。

高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語C組・基礎力完成教室 】
受験英語の基礎の基礎から学習できる。予習復習のやり方から教えてくれる。

立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3