ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1645人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

静岡文化芸術大学
文化政策学部

no image

写真

榊原七瀬さん

東進衛星予備校浜松駅前校

出身校: 浜松南高等学校

東進入学時期: 高3・5月

所属クラブ: 女子テニス部 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

今自分がやるべきことを明確にしひとつひとつ丁寧に

 私は女子テニス部に所属していました。毎日遅くまでの練習があり、家に帰った後は勉強せずに寝てしまうことがほとんどでした。そのため、三年生の部活引退まではテスト前だけ勉強することが多かったです。いよいよ部活も引退し、本格的に受験勉強を始めなければいけないと思っていましたが何から手を付けていいかわからず、とりあえず友人の紹介で東進に入学しました。

入学してすぐにやったのが英単語の高速マスター基礎力養成講座でした。これは本当におすすめです。本気でやれば一週間で入試に出る単語のほとんどを覚えられます。これのおかげで英語の点数が20点以上上がりました。

それに加えてやってほしいことは、過去問演習です。これも本当にしっかりやったほうがいいです。東進では夏休み前から過去問演習が始まります。私は入学が遅く、まだ講座が残っていたため夏休みの終わりごろから始めました。前から東進に通っていた人たちは夏休み前からどんどん進めていてすごく焦っていたのを今でも覚えています。でも、焦らなくても大丈夫です。東進にいる周りの受験生はもちろんライバルではあるけれど、自分の本当のライバルは自分と同じ志望校の受験生です。周りの人たちを見て焦って、講座を早く終わらせようと講座の内容を理解していない状態でどんどん進め最終的につらい思いをするのは自分です。なので皆さんも今自分がやるべきことを明確にしひとつひとつ丁寧に取り組んでください。

ただ、そのように勉強をしていく中でやるべきことが多すぎて今自分が一番やるべきことが何か分からなくなる時もあると思います。私自身も夏休み中そのような時期がありました。そんなときに頼ってほしいのが東進の担任の先生や担任助手の方々です。私は担任の先生に相談をしました。担任の先生は親身になって話を聞いてくださり、これからの勉強のやり方などのアドバイスをたくさんしてくださいました。そのおかげで再び勉強に取り組めるようになりました。

受験勉強の間は身体的にも精神的にも辛い時が誰しも必ずあると思います。ですが、みなさんはひとりではありません。周りにいる人をたくさん頼ってください。東進や学校の担任の先生やその他の先生方など、自分から積極的に質問や相談をしてみてください。きっと喜んで力になってくれるはずです。私も積極的に行動したおかげで、学校ではたくさんの先生方に声をかけていただいたり応援していただいたりしました。

今までの努力が報われて今こうして合格体験記を書けていることがとても嬉しいです。今後は国際文化を学び、将来は多様性のある町づくりをしていきたいと考えています。大変な時もあると思いますが皆さん頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

夏休みにやることが多すぎて何をやればいいか分からなくなったときに的確なアドバイスをしてくださったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の志望している大学の方だったため、この大学を受験するならやっておいたほうがいいことを具体的に教えてくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進の模試から似たような問題が他の模試で出たりするため復習をしっかりやること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友人に誘われて体験をした時に授業が分かりやすく、面白かったため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

週に一回ミーティングがあったが出席できない時も何度もあった。同じ学校の人と今の状況について話し合えるのは自分にとっていい刺激になった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

普段は部活で忙しいため、テスト期間は集中して勉強をした。学年で30位以内を目標に毎回取り組んでいた。部活を通して身についた力は最後まで逃げずにやりきる力だと思う。辛い練習を仲間とともに乗り越え最後まで部活をやりぬいた経験は受験勉強においても同じだと考え、受験勉強から逃げずに最後までやりきることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休みが辛かった。模試で周りの子たちは点数が上がったと言っていたが、自分は上がらずこのままでは合格できないと悩んでいた。それが悔しかったから過去問演習をひたすらやった。秋ごろからは成績も上がってきてより頑張れた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の志望校のホームページやパンフレットを見る。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

家から通える国公立大学に行きたかったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛い時もあったが、勉強するにつれて点数が上がっていくのは面白かった。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

ボランティア活動を積極的に行いたい。子供たちの居場所づくりや学習支援などを通して将来を担っていく子供たちの力に少しでもなることができればよいと考えている。

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の基礎から偏差値アップ総合英語 】
講師の安河内先生が本当に面白く、かつ分かりやすい授業をしてくださるから。先生の言葉を信じてその通りにやれば必ず点数が上がるから。

静岡文化芸術大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12