ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

中央大学
経済学部

no image

写真

中里優太くん

東進ハイスクール小手指校

出身校: 狭山ケ丘高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 弓道部

引退時期: 高2・4月

この体験記の関連キーワード

習慣化が如何に重要かが分かった

 僕はこの受験を通して習慣化の大切さを実感しました。「受験勉強」と聞くと、休む暇もなく一日中机に向かって勉強する姿を想像します。大変そうに思えますが、東進に入り実際にやってみるとそうではありませんでした。東進では担任助手の方との面談で合格までのプランを作成し、それに合わせて勉強しました。6時間、8時間、10時間と、自身が無理なく継続できる範囲で勉強量を少しずつ増やしたこと、朝学習の提案のおかげで勉強に没頭しやすかったこと、向上得点システムのおかげで努力を可視化でき自信が徐々についたこと、自習室で周りの人たちが勉強している姿やチームミーティングでの仲間達との進捗状況の確認が原動力となったことなどのおかげで、大変だと思っていた長時間勉強も難なくこなせるようになりました。こうした東進ならではのライフハックがあってこそ日々の勉強を継続することができ、無事に大学にも合格できたので、習慣化が如何に重要かが分かりました。

東進で魅力的だったシステムは、充実した学習ツールの存在です。僕は特に過去問演習講座と志望校別単元ジャンル演習講座を活用しました。これらのおかげでかなりの演習量をこなせました。東進は過去問に取り組む時期は夏休み頃で、他の予備校と比べて早いです。一見すると、いきなり高難易度の問題に着手し、非効率に思われるかもしれませんが、それは大学の問題の傾向をいち早く知ることができるだけでなく、AIがこのデータをもとに苦手分野を明確にし、強化すべき勉強の方向性を提示してくれます。このおかげで、今後の学習プランの概要を把握することができました。

また、志望校別単元ジャンル演習講座ではやるべきことがさらに具体的でわかりやすいものになりました。過去に合格した先輩方の学習履歴や大学の入試傾向、過去問演習の学習データを基にAIが自動でどのような学習をすればいいかを提示してくれるため、不安や迷いを抱えることなく、安心して膨大な量の問題に着手することが出来ました。

現在、将来については未定ですが、受験勉強をしていく内に国際経済に興味を持つようになりました。自分が何をしたいのかを大学でみつけられればいいなと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

マインドフルネスや瞑想を勧めてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

ちょっとしたことでも相談に乗ってくれ、アドバイスとともに励ましてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国統一高校生テスト

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

東進に通っていた先輩が明青立法中以上の大学に合格していたため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強で疲れた時に雑談でき、リラックスできた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分が興味を持ったものなら何でも自由に学ぶことができるカリキュラムだったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

無理せずできることを確実に行い、継続する力。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

現在は将来については未定だが、受験での学びで国際経済に興味を持った。大学での更なる学びや、教授、学生との出会い、増えていく知識や経験などから、自分にできることをさらに見極め、明確に戦略がわかる問いに対して一つ一つ解決することで世界に対し貢献できると思う。

Q
東進のおすすめは?
中央大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1