ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

宮崎大学
農学部

no image

写真

金子優希さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 白百合学園高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: ソフトテニス部

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

周りの人たちのおかげで努力を続けることができた

 私は獣医師になりたいとずっと考えていました。家では犬や猫は飼っていませんが、小動物をたくさん飼っています。小学校で生きもの係をやったり、近所の人の飼っている犬と毎週遊んだりと動物と触れ合う機会が多かったので、動物が大好きになりました。他にも人のお世話をしたり人と関わることが好きだったので、「動物とも人とも関わることができる仕事は何だろう」と考えたとき、獣医師がぴったりだったので獣医師になりたいと思うようになりました。

高校一年生の冬、自分のペースで学習できるという理由で東進に入りました。映像による授業はとても分かりやすい先生ばかりで、覚えることだけでなく、なぜそうなるのかまで説明してくれるので頭に残るし、理解も深まりました。私が一番助けられたのは担任の先生や担任助手の方々との面談です。私は「自分は地頭が良いタイプではないから、こつこつ努力するしかない」と考えていました。そのため、その努力が結果に表れなかったときにすごく落ちこんでしまっていました。面談で励ましてくれたり声をかけてもらったりすることで安心してまだまだ頑張ろうと奮い立たせてもらいました。

私立は五日間連続で受けました。この時、東進の共通テスト本番レベル模試が役に立ちました。朝の八時から夜の八時までの模試で毎回疲れていましたが、私がこの五日間の受験ですべて合格できたのは、この模試で鍛えた集中力と体力のおかげだと思っています。過去問は本命の国公立と私立は十年分、他の私立は七年分解きました。大学の傾向を理解し、自分の苦手なところを洗い出しました。しっかり対策をしたおかげで、本番が一番簡単に感じるほどになりました。私は過去問よりも教科書や問題集を完璧にすることを重視していましたが、傾向を理解するために過去問を解くことは大切だと思います。

共通テストのために過去問演習講座大学入学共通テスト対策や大問別演習に加えて、共通テストの予想問題を五年分解き、大量の演習をして学校の誰よりも対策をしているという自信を持っていましたが、結果は振るわず、すごく落ち込んでしまいました。しかも第一志望校は共通テストの割合が二次試験の二倍以上あったので、確実に受からないだろうと弱気になってしまいました。それでも、担任の先生や担任助手の方々、友達、家族が励ましてくれて、結果はどうであれ適当に受けてしまったら応援してくれている多くの人たちに申し訳ないと考え、自分の最大限の力を出して受験することが今の自分がやるべきことだと気持ちを切り替えました。

やる気が出ない時や努力が結果に結びついていない時には、関わってくれている人たちのことを思えばやるしかないと思えるようになります。共通テストの結果がどんなに悪くても、諦めてさえいなければ合格できる力は持っているので後は努力次第で決まると思います。初めての受験で何度も心が折れかけましたが、周りの人たちが助けてくれたおかげで努力を続けられました。受験生の方々も最後まで諦めずに頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

不安なことを打ち明けたら夜までずっと面談してくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

定期的に面談をしてくれて勉強の予定を立てたり志望校を考えたり、学習面以外も精神的に助けられた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

長時間の模試に耐える集中力がつけられるし、定期的に結果が目に見えてわかるので自分の伸ばすべき単元が見つかるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで学習でき、体験授業を受けたときに先生が分かりやすかったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りも努力しているので自分も頑張ろうと感じた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強と同じように目標を決めてどうすれば達成できるのか考えることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強量を増やし、解ける問題が増えたのに、模試の結果として表れなかったときがとても辛かった。担任助手の方々に相談することで勉強法を改善した。また、相談することでやる気が出た。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

獣医師の動画を見ること。集中力がない時には無理をしないで高速マスター基礎力養成講座や好きな教科に取り組んだ。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分の学びたいものが学べて、将来の夢を叶えられる大学を選んだ。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

とてもつらかったですが、勉強以外にも周りの人の温かさや、やることを決めて目標を達成させること、努力は実ることを学べたいい機会でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

獣医師になって人や動物と関わり、多くの命を救えるようになりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問演習で傾向をつかむことができたから。

高速マスター基礎力養成講座
英語の入試に必要なほぼ全ての単語を覚えられるから。電車の中やすきま時間にすぐに取り組めるから。

担任指導
面談で勉強の計画を共に考えられたから。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関化学 理論化学演習 】
難しい演習にたくさん取り組めたから。解説が分かりやすかったし深いところまで教えてもらえたから。

宮崎大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 10