ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1645人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

東京外国語大学
国際日本学部

no image

写真

辻桃奈さん

東進ハイスクール千歳船橋校

出身校: 東京農業大学第一高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バレーボール 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

受講と高速マスター基礎力養成講座を中心に基礎を固めることができた

 私が東進に入学したのは高2の12月で、その時期から本格的に受験勉強を始めました。引退するまでは週5で部活があったため毎日登校をすることができませんでしたが、受講と高速マスター基礎力養成講座を中心に基礎を固めることができました。

特に力を入れて取り組んだのは英語です。元々英語は得意でしたが、志望校である東京外国語大学は英語の配点がとても高く問題のレベルも高いため、早いうちに基礎を完成する必要があると考えたからです。世界史は、模試の復習と教科書を中心に勉強しました。

部活を引退してからは、共通テストの対策に取り組みました。夏休みは勉強時間のほとんどを世界史に充てていたのですが、世界史は直前まで伸びるので、英語や国語にもう少し時間を割いてもよかったと思っています。その後、秋は二次の過去問に取り組み、12月からは共通テストに向けて勉強しました。

私が志望校に合格できた大きな要因は、共通テスト対策に重点を置いて勉強したことだと思います。結果、共通テスト利用では明治大学などから合格を頂けたため、慶應義塾大学や国公立大学に向けて全力を尽くすことができました。

二次試験について、英語は形式が特殊なので過去問演習に力を入れました。スピーキング試験はサンプル問題で形式に慣れることが大事だと思います。

チームミーティングや担任助手の方々との面談は私にとって大きな支えとなりました。受験期間中、勉強をやめたくなったことは何度もありましたが、友達が頑張っている姿を見ると私も頑張れました。また担任の先生方は私の悩みを親身に聞いてくれたので、1人で抱え込まずに受験期を乗り越えることができました。

国公立受験は私立に比べ科目が多いですが、諦めずに頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校を応援し続けてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

一週間ごとの勉強スケジュールを一緒に考えてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試の結果の返却が早く、復習しやすい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近く、通いやすかったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

世界史などの問題を出し合った。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

隙間時間を活用すること。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休み。適度に休憩をとった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ志望校の友達と話す。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

実践的な英語力を身につけたかったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分に向き合う期間。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

日本の魅力を世界に伝えること。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
共通テスト対策問題を10年、二次試験の問題も10年解いたことで実力がついた。何度でも添削してもらえるのが便利だった。

学力POS


高速マスター基礎力養成講座


Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京外国語大学 】
特に英語の解説授業がわかりやすかった。

東京外国語大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6