ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

筑波大学
文系

no image

写真

山本健介くん

東進衛星予備校徳島阿南校

出身校: 富岡東高等学校

東進入学時期: 高3・9月

所属クラブ: 陸上部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

最後まで頑張り続けて結果を出せたときの達成感は特別

 東進には高校3年生の9月からお世話になりました。入った時、2次試験対策をどのようにすればいいか相談したところ、過去問演習講座を勧めていただき、それに取り組むことになりました。

最初は全然点数を取ることができませんでしたが、添削をしていただいたり、解説授業を聞いたりするうちに解き方や時間配分が固まってきて、合格点をとれるくらいのレベルになりました。そして共通テストの本番レベル模試では模試の分析がとても詳細で、自分の苦手な分野が明確にわかり、本番で良い点を取るために自分が何をすればいいかがはっきりとわかりました。

また、自分の志望校に昨年合格した人が何点取っていたかを知ることが出来たので、モチベーションにもつながりました。僕は共通テスト本番までに1度も模試などで700点以上を取ったことがなかったのですが、本番では1ヶ月前の模試から50点ほど伸ばして、自身の過去最高得点を取ることが出来ました。

共通テスト後は参考書に取り組むよりも、過去問演習講座に集中的に取り組むほうがいいという担任の先生のアドバイスにより勉強を進め、何度も過去問を解くうちに自然と自信がつきました。

2次試験までの間、毎日教室に通うことで集中して勉強に取り組むことが出来ました。その期間中、長時間教室を開けていただいたことはとてもありがたかったです。担任の先生方は進路について真摯に向かい合って下さり、自分の志望校への距離や出願する大学を相談した際はとても頼もしかったです。また、不安な時も励まして下さって勇気をもらえました。

受験生活の中では勉強してもなかなか成績が伸びなかったり、勉強をし続けることが嫌になることも多々あると思います。しかし、最後まで頑張り続けてきたからこそ結果を出せた時の達成感は格別です。皆さんもどんな時でも前向きに、自分の志望校合格に向けて頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生が模試ごとに丁寧なアドバイスをしてくださったおかげで今、自分が志望校合格に向けて何をすればいいのかを明確にすることが出来ました。また、合格出来るよと信じてくださったことはとても嬉しかったですし、自分の力にもなりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも問題を印刷してくださったりしてありがとうございました。自分が書いたコメントに丁寧に返事を返していただいたことはとても嬉しかったです。また普段の何気ないやり取りでも優しく接していただきありがとうございました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

共通テスト本番に向けての現段階での自分の実力や、できてない部分を知ることが出来ることがおすすめポイントです。模試を解き終わった後の復習をきっちりやることが大切だと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

学校の担任の先生からの紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

東進を選んだ理由は、二次試験対策に悩んでいた時に、学校の担任の先生に映像による授業のある東進を勧められて検討した結果、高いレベルの授業を受けられる東進にしようと思ったからです。また、学校の友人の中にも東進に通っている子が多く、友人たちが話してくれる東進の授業内容に興味を抱いたからです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活と勉強の両立は大変でしたが、そのおかげで日々充実した生活を送ることが出来ました。また、部活を通して継続することの大切さや結果を出すためには他の人よりも多く努力をしなければいけないことを学びました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高校3年生の11月から1月の共通テストまではなかなか成績を伸ばすことが出来ず、モチベーションを維持することも難しかったです。しかし、先生に励ましてもらったり、友達の頑張っている姿に刺激をもらい、僕も前を向いて何とか頑張ることが出来ました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

僕のやる気の原動力は、筑波大学に入って陸上を続けたいという思いでした。モチベーションを高めるために自分が大学に入れたらやりたいことを考えたり、模試でいい成績を取ったりすることでした。また、勉強を頑張っている友達の姿を見てモチベーションを高めていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

きっかけは高校1年生の時に部活の顧問の先生に、陸上だけでなく学業に力を入れている筑波大学を勧めてもらったことです。またその年の箱根駅伝に筑波大学が出場したこともきっかけの1つでした。そして、受験科目や学部で学べる内容が自分に合っていたことも選んだ理由です。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

受験勉強は、どちらかといえば苦しい事の方が多かったですが、1つの目標に向けて努力する貴重な体験だったと思います。これから先、大変な事はたくさんあると思いますが、その時々に受験をしていた時に得た経験を活かして乗り越えていければいいなと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕はまだ明確に自分の将来の夢は定まっていませんが、何らかの形で世の中の人々に貢献できる職業に就きたいと考えています。たとえば、県民の方々の役に立てる県庁職員や子供を教え導く教員などです。また、個人としても寄付や募金といった自分にもできることをしていきたいと思っています。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
添削をしてくださるだけでなく、解説授業もついているから。過去問10年分と演習量も充実していて、問題の傾向をしっかりとつかむことが出来るから。

実力講師陣
授業で教えてくれる内容はとても分かりやすく適切な解き方を学ぶことができ、自分の分からなかったことが理解できるようになるのがとても楽しかった。

担任指導
進路面では、丁寧に指導してくださり合格までの道のりを示してくださったおかげで計画的に勉強を進めることが出来ました。また、励ましの言葉をかけてくださったことは精神的な助けにもなりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 筑波大学(全学部) 】
自分の志望校に合った学習をする事が出来るから。筑波大学特有の問題形式になれることができ、自然と解き方が身につくから。また、添削をしてくださるので自分がどれくらいの点数がとれているかや弱点を把握することが出来るから。

筑波大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17