ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1654人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

▼今なら最大4講座無料招待!▼

夏期特別招待講習 夏期特別招待講習 夏期特別招待講習

1/3

×

神戸大学
経済学部

no image

写真

中村一翔くん

東進ハイスクール奈良校

出身校: 奈良市立一条高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: 陸上競技部 キャプテン

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

やればやったぶんだけ必ず実現へと近づく

 僕は高校2年生の終わりの2月に東進に入学しました。部活は陸上部に所属していて6月までは部活に取り組みつつ、できる限りの時間を集中して勉強することができる東進で過ごせるようにしていました。試合など部活で忙しい日には高速マスター基礎力養成講座を使い、英単語だけは最低限取り組むようにしていました。部活と勉強の両立は大変でしたが、どちらもやりきることで後悔なく終えることが出来ました。

僕が東進に入学してよかったと思うことは3つあります。1つ目は、勉強がしんどくて辛いときやうまく成績が伸びてこない時期に、担任の先生や担任助手の方がメンタル面や勉強の方法で相談に乗ってくださったことです。僕はメンタルが弱くて挫けてしまいそうになることが多かったのですが、その度に真摯に相談に乗ってくださることで、モチベーションを保ち、最後まで受験を乗り越えることができました。

2つ目は、共通テスト本番レベル模試や早慶上理・難関国公立大模試など多くの模試を受ける機会があったことです。たくさんの模試を受けることで本番の緊張感をイメージして、その空気に慣れることが出来ました。また、自分の立ち位置を把握することで合格のためには何が必要かを常に意識して質の高い勉強をすることができました。

3つ目は、チームミーティングで他の受験生と深く交流する機会が多かったことです。自分と同じ大学を志望している受験生の勉強方法や受講の進捗状況を聞き、その努力している姿を見ることで僕も頑張らなければならないという気持ちになりました。また、模試の際に気を付けていることなどを共有することで、自分では気づけなかった新たな発見がありました。

最後に、僕の受験勉強は共通テスト本番レベル模試で得点率50%も取れないような状態からはじまりました。でも、そこで諦めずに必死で努力しました。そして最終的には第1志望校に合格することができました。そうした経験から、僕は努力の大切さ、そして諦めない心の大切さを学びました。

この一年間、勉強だけに向き合い、努力した経験は人生においてかけがえのない財産になると思います。報われるかは最後まで分からないけれど、努力を積み重ねることによって、少なくともその確率を上げることができるはずです。無駄な努力はありません。やればやったぶんだけ必ず実現へと近づきます。

僕には具体的な夢はありませんが、大学で得意な英語の力をさらに向上させ、日本だけでなく国際的に活躍できる人財になります。そのときには努力した経験がきっと役に立つはずです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生との面談の中で今しなければならないことを明確にし、勉強の予定を立てることが出来ました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分のモチベーションがあがるような言葉をかけてくださり、面談の後には毎回やる気が出ていました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習すべき範囲を明確にし、次はその分野で得点できるように努力していました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので、自分で時間を決めて受講ができるシステムがいいと思ったからです。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じレベルの大学を目指している受験生と勉強方法や受講の進捗状況を共有することで、自分も頑張らなければならないという気持ちになりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活動を通して、以前と比べて広い視野を持つことができるようになりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休みの受験勉強の中盤の時期がいちばんつらかったけれど、今頑張るしかないという気持ちでとにかく勉強量を積み重ねていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

チームの仲間や友達が頑張っている姿を見ること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

最初は自分には無理だと思っていた学校だったけど、担任の先生と話す中で、目指すなら行きたいところにすべきだと言われたからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

この一年間で勉強というひとつのことに全力を注いで努力してきたことは、かけがえのない財産だと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

得意な英語の力を大学で向上させ、国際的に活躍できる人財になります。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
電車などの隙間時間にスマホでできるのがいいと思いました。

講座修了判定テスト
受講を受けただけでは分かった気になっているだけなので、修了判定テストで理解度を確認するのは大切だと思いました。

東進模試
東進の模試は頻度が多く、自分の立ち位置の確認をして合格には何が必要かを考えて勉強をするきっかけになりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試直前まとめ講座 古文のまとめ 】
テキストに単語、文法、文学史まで載っていて受験の最後の最後まで使えます。

【 難度別システム英語 文法編Ⅳ 】
文法の知識を総復習できるのでおすすめです。

【 記述型答案練習講座:難関国公立大現代文 】
現代文の記述は自分の採点では甘い部分もあるので、プロに採点してもらうことで自分に足りない部分を知ることができました。

神戸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8
実力講師陣 実力講師陣

90分授業×5回の講座に、今なら最大4講座無料招待!
日本一の現役合格実績の理由(ワケ)を体験しよう。

東進の夏期特別招待講習・詳細はこちら