ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

長崎大学
医学部医学科

no image

写真

西山凜くん

東進衛星予備校長崎平和公園前校

出身校: 青雲高等学校

東進入学時期: 中3・4月

所属クラブ: テニス部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

東進は切磋琢磨できる環境を与えてくれた

 僕は高0生として東進に入学し、約4年間お世話になりました。この合格体験記が少しでも皆さんの役に立てば幸いです。

僕は高3の6月まで部活動に力を入れており、それまでは正直あまり勉強していませんでした。当時は部活を引退してから一生懸命勉強すれば間に合うだろうと考えていましたが、高3の夏以降はどの受験生も全力で勉強するため、夏以降の模試でも判定は変わらずD,E判定ばかり。それでもめげることなく僕は勉強を続けました。東進の「過去問演習講座」を活用し、演習と復習を繰り返す日々を送りました。特に「大問別演習」では苦手分野に集中して演習ができるため、とても助かりました。その甲斐あってか、入試直前の模試では初めてB判定が出ました。「何とかなるかも…」と微かな希望を抱きつつ、1月の共通テストを迎えました。

ところが、自己採点を終えた僕は絶望していました。「医学科に行くなら最低でも760点は必要だ」と言われていた中で、私の自己採点の結果は650点台だったのです。もちろん、オールE判定。そんな僕に東進の先生方は面談をしてくださり、やさしく言葉をかけてくださいました。第一志望校を諦めたくないという思いを伝えた時には「厳しい挑戦にはなるが、きっとできる」と背中を押してくださり、とても嬉しかったとともに、絶対に二次試験で逆転しようと決意を固めることができました。

二次試験に向けては、「過去問演習講座・国立二次私大対策」を利用して学習を行いました。答案を添削していただくことで、自分では気付けなかったミスも見つけることができました。二次の点数を伸ばすためにはもったいない失点を減らすことが重要です。演習の中でのミスをなくしていく日々を送ったことで二次試験では自分のベストを尽くすことができ、無事合格することができました。

東進の模試や講座はもちろん充実していましたが、僕が最も「東進に入ってよかった」と思うのは、先生方のサポートが手厚かった点です。受験は個人戦ではないということがよく言われますが、本当にその通りだと自身の経験を通して思います。東進の先生方は、僕に切磋琢磨できる環境を与えてくださり、またたくさんの相談に乗ってくださいました。

皆さんも先生方を信じて頼り、最後まで諦めず全力を尽くし、合格の報告を以て先生方に恩返しをしてほしいと思います。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

共通テスト後の面談で、気持ちを切り替えて二次に向かえるように言葉をかけてくださったことがありがたかった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試ごとに目標点を細かく決めて取り組む。苦手な科目については復習ノートなどを作る。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

当時通っていた塾の先生に勧められた。

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅でいつでも授業を受けられるため、部活動とも両立できると思ったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友人と受講や模試についての話をし、モチベーションを保つようにした。先生や友人と話す時間は休み時間のようで楽しかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活動を通して協調性と責任感、リーダーシップを身に着けることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

英語が飛びぬけて得意であったため、10月ごろに「英語で満点に近い点数を取らなければ落ちる」というプレッシャーを抱え、スランプに入った。12月ごろに、他の教科でも満点を取ればいいことに気付き、スランプを乗り越えることができた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友人とコミュニケーションをとり、切磋琢磨すること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

生まれ育った地で働き、地域社会に貢献していきたいと思った。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

これからの学習のための土台作り。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
短いスパンで模試を受験することができ、モチベーションを保つことができたから。

担任指導
勉強がうまくいかないときにアドバイスをくださったり、受講を怠らないように指導してくださったことで、ペースを乱すことなく学習できた。

高速マスター基礎力養成講座
通学中などの短い時間でも取り組むことができ、日々の積み重ねが目に見えるため、学習の習慣作りができた。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏の英語A組・上級者養成教室 】
レベルの高い英文を、先生のユーモアあふれる解説のおかげでスラスラと理解できた。

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
共通テスト対策としては、テストの型を知ることが最も重要であり、この講座を通して様々な問題を網羅することができた。

【 受験数学Ⅲ(応用) 】
数IIIの難しい問題に対しても、先生のわかりやすい解説のおかげで解法の糸口をつかめるようになった。

長崎大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4