ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

小此木隆太くん

東進ハイスクール府中校

出身校: 東京学芸大学附属高等学校

東進入学時期: 中2・8月

この体験記の関連キーワード

志望校に合格できたのは、東進の授業の質の高さのおかげ

 僕が大学受験を意識し始めたのは、中学2年の夏、東進ハイスクールに数学特待生として入学したときでした。きっかけは単なる高校範囲の数学への興味でしたが、早い時期から数学の学習を始めていたことは僕の合格の最大の要因だと考えています。高校入学後の学習に余裕ができ、他科目に使える時間が大幅に増えました。これは常に時間がないと思い込み焦ってしまう僕にとって大きな心の支えでした。

高校1年の秋に数学特待期間が終了してからは、東進ハイスクールと東大特進コースを併用しながらの学習でした。しかし、これらを両立するのは難しく、2年次に物理と化学のインプットを終わらせるつもりが先延ばしになり、国語の講座も、東大特進での英語や数学の講座も消化不良に終わりました。非常に後悔しています。それでも月日は待ってくれず、受験生になってしまいました。なぜか滑り出しは好調でした。模試の判定が良かったのです。今思うと、数学と英語のスタートが早かったおかげでした。その証拠に、その後のライバルたちの追い上げは凄まじいもので、模試の判定はどんどん下がっていきました。

その間僕は何をしていたかというと、文化祭に明け暮れ、先延ばしにしていた理科のインプットや、受験生になりますます増えた教材、授業を前に怖気づき、受験生とは思えないような少ない勉強量の毎日を過ごしていたのです。そして僕は、最大の罪を犯しました。志望校別単元ジャンル演習講座を諦めたのです。その結果、この演習を活用してどんどん力をつけるライバルたちに怯え続けることになりました。そんな僕が、なぜ志望校に合格できたのでしょうか。

その理由はまず、東進の授業の質の高さだと考えます。消化不良ではありましたが、学習意欲を掻き立て、受験に受かるだけでなくこれから大学で学ぶために必要な姿勢を身に付けていただきました。そして、担任の先生方のご指導です。求められる勉強量に圧倒されている僕にとっては、勉強しないことを責められ、急かされることが致命的なプレッシャーになりかねませんでした。担任の先生方はそれを見抜き、勉強しているようには見えない、そして実際しているとは言い難い僕を責めず、温かく見守ってくださいました。

そのおかげで、志望校合格を諦めることをせず、ゆっくりではありますが勉強を続け、何とか合格することができました。本当に感謝しています。最後に僕の今後ですが,合格が決まった今、自分が東京大学で通用するのかという不安でいっぱいです。ひとまずは自主性をもって学習に励み、東大生の名に恥じない人間になることが目標です。そして大学生活を充実させ、そこで得た知見を必ず社会に還元します。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

「自分で考えて、自分のペースで勉強したい」という僕の願いを受け入れてくださったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

頻度が高く、小刻みな目標にしやすい。また返却が早く、学習の参考にしやすい。

Q
東進を選んだ理由
A.

中学時代、高校範囲の数学に興味を持っており、無料で先取り学習ができる学習環境に惹かれたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

東大志望者を集めて問題を解く会は、良い刺激になった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験期はずっと、勉強量の多さに圧倒されて手が付けられない状態が続いた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

充実した大学生活を思い描くこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

中学のときに何となく東京大学を考えていたら、全国統一中学生テストで思いの外良い判定が出て、一気に現実味が増した。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

進学する学科が未定である以上具体性に限界はあるが、大学で得た知識を生かして、世界が抱える課題の中から一つないし複数を選び、その解決に尽力する。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
学習内容だけでなく学習の方向性が示され、学習意欲を掻き立て、さらに受験後を見据えた深い学びを得られる授業が展開されている。

担任指導
僕個人に合った指導法を見極めてくださった。

東進模試
頻度が高く、小刻みな目標にしやすい。また返却が早く、学習の参考にしやすい。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
ニュートン力学を深く理解でき、物理学の「正しい学び方」がわかる。受験はもちろん、その後の学習にも大いに役立つだろう。

【 東大対策国語 】
特に林修先生の東大現代文の授業は、体得しにくい現代文の問題の考え方がわかる。「現代文はなんとなく解く」という考えから脱却できる。

【 過去問演習講座 東京大学(理科) 】
細かい添削演習の繰り返しにより、答案の書き方が定まる。また、受験生にとって必須である過去問演習へのモチベーションが高まる。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 27