ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

横浜国立大学
経営学部

no image

写真

田中麻奈美さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 法政大学第二高等学校

東進入学時期: 高2・1月

この体験記の関連キーワード

同じ参考書で繰り返しやり続ける

 私は高校1年生の頃から受験勉強を始めましたが、高校2年生の冬に東進の冬期特別招待講習を受けてから本格的に受験を意識し始めました。私は将来、経営学の観点から飢餓問題などに取り組みたいと考えており、このことと関連したプロジェクトがあることや、中高6年間私立に通わせてくれた親のことを考え、横浜国立大学を志望しました。

東進ハイスクール自由が丘校で一番記憶に残っているのは自由が丘杯と千題テストです。自由が丘杯では同じチームミーティングの子と励ましあって朝登校や閉館下校を続けることが出来ました。おかげで長期休みは、いつもより勉強に意欲的になれました。千題テストでは直前期に、ほぼ全範囲の世界史の確認をすることが出来ました。ここでは、もう一度自分の苦手分野や抜けている分野を見つけ出し、より深い学習に繋がったと思います。

また過去問演習講座や志望校別単元ジャンル演習講座では、自分では気づかなかった苦手分野をAIが分析してくれ、類似問題をたくさん解くことが出来て本番での自信につながりました。私は12月の模試まで世界史の点数が60点ほどで伸び悩んでおり、とても不安でした。しかし、それまでの自分のやってきたことを信じて同じ勉強を継続した結果、本番では初の90点台を出すことが出来ました。この経験から、色々な参考書に手を出すのではなく、同じ参考書で繰り返しやり続けることが大切だと気づきました。

自由が丘校は担任助手の方々が明るく話しかけてくださり、また予定を立てて実行することが苦手だった私に毎日、順調に進んでいるか、勉強時間は確保出来ているか、など聞いてくださいました。また、周りと自分を比較して憂鬱になったときや、最後の追い込みで1番苦しいときも励ましてくださったおかげで第1志望校に合格できました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

メンタルが壊れた時に励ましてもらったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

冬期特別招待講習を受けて、校舎の雰囲気や授業の内容が自分に合っていると感じ、入学しました。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

校舎内ランキングで同じチームミーティングのメンバーと切磋琢磨できたこと。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

授業内容が自分に合っていると感じた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

私大の過去問を解いたとき。単語帳など基礎的な部分を復習した。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

将来経営学の観点から、飢餓問題に取り組みたいと考えており、このことと関連したプロジェクトが志望校にあったため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

集中力を持続させる力と計画の立て方及び実行力を培うことのできた経験。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

食品関係の会社に就職し、飢餓問題に関わっていきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
大事な部分は止めて、何回でも確認することができるから。

過去問演習講座
大問別演習や、本試の問題など様々な問題があったので、演習量をこなすことができたから。

担任指導
自分で自分を管理できない人なので、手伝ってもらえて勉強計画などを崩さずに実行できたから。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
東洋史が苦手でしたが、授業を受けてしっかりと覚えることができたから。

【 入試直前まとめ講座 世界史Bのまとめ 】
世界史における「横の流れ」を一気に復習しながら学べたから。

横浜国立大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 72