ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
薬学部

no image

写真

水内宣くん

東進ハイスクール三軒茶屋校

出身校: 本郷高等学校

東進入学時期: 高3・8月

所属クラブ: 剣道部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

目標に向かって努力している同世代と話すことでやる気が出た

 僕が東進に入学したのは高校三年生の8月です。高校では剣道部に所属し、引退まで続けました。入学後は計画を立てて受講を中心に取り組み、確認テストの初回でSS判定をとることを目安にしていました。

9月に入って少し経った時期に、共通テストの過去問5年分と二次試験の過去問5年分が終了したので、志望校別単元ジャンル演習講座で東進模試の分析をもとに苦手分野に取り組みました。

12月頃には二次の過去問10年分が終了し、共通テストの対策に移行しました。共通テストの対策で主に用いたものは、自分の持っている参考書と東進の対策講座です。知識の確認として過去問対策講座の共通テスト演習の二周目を行いました。その後は私立受験、国立受験と続き、最終的に東北大学薬学部に合格しました。

僕が薬学部を志望したのは高校二年生の秋で、既存の薬物の適正利用や他の分野への応用に興味があったからです。大学在学中に薬学に対する理解を深め、明確な目標を立てたいを思っています。

僕は東進の模試で、第一志望の東北大学はE判定しかとったことがありませんが、個人的に気を付けていたことがあります。まず、能動的に計画を立てることです。僕は受験勉強を本格的に始めるのが遅かったので、周りと同じように演習をやりながら、追加でインプットをする必要がありました。やることが多く、何も決めずに漠然と勉強しては処理しきれないので月ごとにカレンダーを作成し、勉強計画の管理をしていました。それに加えて、一日の予定表も作成しました。なぜなら、僕はスタートした時に視野を広く持っても、計画を進めるにつれて視野が狭くなる癖があると認識しているからです。

次に分析をすることです。東進のコンテンツは自分の苦手を潰したり類題を解くことができますが、最終的には自分の志望校に特化する必要があります。問題の出題傾向を自分で分析して予測し、学習内容の優先順位をつけることが大切です。また、試験本番で自分がパニックになってしまった時の対応について考えておくのも精神面で役に立ちました。

僕個人が感じる東進の強みは、「モチベーションの維持がしやすいこと」「自分で分析がしやすいこと」だと思います。まず、東進の使用上、普段は一人で勉強することが多いので、定期的に行われる面談やチームミーティングで、自分の考えを話すことで、自分の立てた計画に客観的な評価を入れることができたり、考えをまとめることができました。また、目標に向かって努力している同世代と話すことでやる気が出たり、勉強以外の話題を話すことで軽い息抜きができる環境でした。

東進模試は成績表に点数が低かった分野が記載されているので、復習や今後の学習予定決めに役立ちました。また、担任助手の方々や担任の先生方は入退室時に一日の予定や進捗を確認をするので、その時に勉強面での相談などができました。

僕個人が「高校一年、二年生が今のうちからやっておいた方がよい」と思うことは、将来に興味を持つことだと思います。なぜなら、特に目標も無く勉強していると、学習に対して負のイメージをもってしまう場合があるからです。具体的である必要はないと思いますが、抽象的に決めて実際に自分で調べてみるのが効果的だと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

計画立てや進捗の振り返り

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験に関する相談

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

AIの分析やコンテンツに興味を持ったから

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

雑談

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

協調性

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望校について調べること

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

通過点

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
採点をしてくれるから。

東進模試
細かいデータが分かるから

高速学習


Q
おすすめ講座
A.

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
単元が細かく分かれていて、問題を解く上での考え方を教えているから

【 物理のまとめ 要点整理編 】
問題の手の付け方などを解説しているから。

東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5