ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

瀬尾駿人くん

東進ハイスクール船橋校

出身校: 船橋高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: サッカー 副部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

自分の成長を楽しみ、仲間と高めあうことで受験を乗り切る!

 僕は2年生に上がる段階で東進に入りました。僕は部活が忙しかったため、映像による授業で好きな時間、曜日に受講できる東進にメリットを感じました。最初は高速マスター基礎力養成講座や受講を中心的に進めて、基礎固めに努めました。英語の高速マスター基礎力養成講座は、2年生の夏休み前には4冠していました。ここで勉強の習慣がつくようになっていきました。部活動との両立が難しかったですが、空いた時間をうまく活用することができるようになり勉強の効率が上がりました。

東進で使ってきた様々なコンテンツの中で僕がおすすめしたいのは、過去問演習講座です。10年分の演習問題があり傾向に慣れることができるし、解説授業で実践的なテクニックを示してくれるため役立ちました。受講の復習が大変で、全て受け終わったのが受験生の夏休み前になってしまったので、夏休みはより集中して過去問演習講座を進めていきました。最初の方は点数があまり取れず自信を無くすこともありましたが、毎日地道に演習を重ね、点数を伸ばしていくことができました。10年分の演習だけで伸びきらなかったものは、大問別演習や志望校別単元ジャンル演習講座などを使って補っていました。


受験期は長く感じ、辛いことも多いですが、自分の成長を楽しんだりチームミーティングで仲間と高めあったりすることによって乗り切ることができました。辛い時こそ、楽しい時間や友達との時間が大切に感じます。この経験はかけがえのないものなので、将来に活かしていきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

カリキュラムを提案してくれて、何もわからなかった自分に指針を与えてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

話してくれた経験が参考になった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分のできなかったところがグラフで可視化され、復習の手助けになる。判定が良くとも悪くとも、次はこうしようという気持ちになる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が忙しかったため、映像による授業に魅力を感じたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

メンバーが同じ高校の人だったので共通の話題で盛り上がることができ、ライバルとしても高めあえた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活がハードだった分、要領よく勉強する方法が身についた。運動が勉強の気晴らしにもなった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

八月の模試の点数がひどく多少落ち込んだが、そこで危機感が生まれて猛勉強した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友人との会話、チームミーティングのメンバーの進捗状況

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

政治を学ぶことができ、レベルが高い

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛いけれど成長できた時間。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業があり、頭にすんなり入る。大学の傾向など実践的なことを最短距離で解説してくれる。

実力講師陣
自分が今まで持っていなかった問題の解き方の方を身につけられた。

志望校対策特別講座
問題数が多いため解くスピードの向上や、慣れにつながる。

Q
おすすめ講座
A.

【 高2ハイレベル現代文トレーニング 】
現代文の解き方を身につけられた。わかりやすい言葉で論理的に解法を教えてくれ、「現代文を理解している」という実感がわいた。

【 スタンダード世界史Ⅰ~Ⅳ(諸地域世界の形成) 】
世界史の学習方法を教えてくれた。単に用語を覚えるだけでなく、つながりを意識して学習するきっかけとなった。

【 過去問演習講座 慶應義塾大学法学部 】
時間を短縮できるような解き方を教えてくれる。点数が伸びていくのが可視化され、自信につながる。

慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4