ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1651人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
工学部

no image

写真

村田隼翼くん

東進衛星予備校豊橋岩田校

出身校: 豊丘高等学校

東進入学時期: 高1・5月

所属クラブ: 放送部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

受験で特に意識したのは演習量

 僕は学校や東進の模試ではなかなか成績が振るわず、E判定は当たり前でした。しかし、名古屋大学を目指して努力してきたことを考えるとどうしても諦めることができず、友達や先生からの応援を支えに名古屋大学を受験することを決意しました。受験で特に意識したのは演習量です。このとき、たくさんの問題をひたすら解くのではなく、同じ問題を繰り返し解き、その解法がうまくいく理由を確実に押さえるよう心掛けました。

また、その解法に納得がいかないときは該当する東進の授業や高速マスター基礎力養成講座を見直したり、友達と一緒に悩んだりしました。特に高速マスター基礎力養成講座は計算力や記述力の向上にもつながったと思います。最後に、受験において最も大切なことは、悔いを残さないことだと思います。試験後に後悔をしても自分の点数が上がることは絶対にありません。皆さんが後悔のない春を迎えられるよう、応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

名大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

問題の難易度がかなり高いので、時間をかけて丁寧に見直しをする。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

お互いの学習頻度を言い合うことで良いプレッシャーになった。また、同じ志望校の子がいると勉強のモチベーションになった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学に合格してからの生活ややりたいことを妄想した。

Q
おすすめ講座
A.

【 テーマ別数学Ⅰ・A/Ⅱ・B 】
自力では思いつかないような解法を理解し、自分の引き出しにできる。

名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 15