ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科三類

no image

写真

水本結衣さん

東進ハイスクール調布校

出身校: 大妻多摩高等学校

東進入学時期: 高1・1月

この体験記の関連キーワード

東進は学習するための環境が本当に整っている

 私が東進に入学したのは高校1年生の冬休み明けでした。当時からずっと東京大学を目指しており、予備校を探す中で、親身になって相談に乗ってくださる担任助手の方や質の高い講師が充実している東進に出会い、その高い合格実績もあって、東進への入学を決定しました。

東進には学習するための環境が本当に整っていると思います。1人1人が自分に必要な講座を選び、自分のペースで受講することができます。私はあまり東京大学合格者の多くない高校出身なので、学校の授業を先取りするという意味でも、学校では教えてもらえないような知識を習得するという意味でも東進の授業は大変役立ちました。

高速マスター基礎力養成講座や今日のコラムなどの講座以外のコンテンツも、知識や思考力の補強の手助けとなりました。過去問演習講座を通じては、共通テストの方式に慣れたり、二次試験における記述のポイントや自分の弱点を発見したりすることができました。志望校別単元ジャンル演習講座に含まれていた第一志望校対策演習では、夏に行った10年分の過去問より更に前の過去問に遡って問題を解くことができ、問題の傾向を長期的に捉えて学習することができました。

成績は伸び悩む時期が長かったです。夏の過去問10年分演習後も、共通テスト本番レベル模試は夏前から20点程しか上昇せず、長らく低迷していました。私は特に数学が苦手で、共通テストの過去問演習でも4割をとってしまったこともありました。何度も東京大学受験を諦めようとしましたが、担任助手の方々がアドバイスをくださり、弱点を補強することができました。

最後の共通テスト本番レベル模試では、ようやく8割5分以上まで引き上げられたものの、本番では大失敗してしまい、昨年度の共通テスト同日体験受験とほぼ変わらない点数となってしまいました。目標点に遠く及ばず、東京大学への出願を諦めようとしていましたが、担任助手の方々が説得してくださり、東京大学に出願することを決意できました。私の実力を信じて出願の後押しをしてくださらなければ、こうして東京大学に合格することはできませんでした。このことは、私の東進での受験生活の中で最大の思い出となりました。支えてくださった方々には本当に感謝しています。合格を知った時には喜ばしかったと同時に、東進への恩返しができたと思うと非常に安心しました。

以上の私の経験を踏まえ、これから受験をする後輩の皆さんに是非伝えたいことがいくつかあります。1つ目は、成績が思うように伸びなくても、勉強は続けてくださいということです。私が共通テストで失敗した最大の要因は、成績が伸び悩んで完全に自信を失い、もう勉強しても無駄だと決めつけて勉強しなくなってしまったことだと思っています。一度勉強をやめてしまうと、成績が伸びないどころか低下の一途を辿る可能性があります。辛いことだとは思いますが、一生懸命勉強すれば成績は上がると信じて勉強し続けてください。

2つ目は、合否が判明するまでは合格の希望を捨てないでほしいということです。実のところ、私は第一志望どころか併願校まで、受験した全ての大学の試験で手応えを全く感じられませんでした。特に東京大学は、共通テストで失敗した上にほぼ全教科で苦戦し、9割方不合格を確信していたくらいでした。それでも合格することができたので、最後まで諦めずに挑戦を続けてもらいたいです。

3つ目は、周囲の人たちへの感謝を忘れないでほしいということです。私は受験生活を通じ、本当に沢山の人たちに支えていただきました。特に東進の先生や担任助手の方々には、成績を上げるためのアドバイスを頂いたり、辛い時に話を聞いていただいたり、最後まで応援していただいたりと、大変手厚いサポートを頂きました。周囲の皆様の助けなしではここまで受験を切り抜け、合格することはできなかったと痛感しました。このことは、私の受験生活最大の学びだったと思います。

最後に、私の将来の展望について記述させていただきます。私はまだはっきりと自分のしたいことが何かは分かっていません。漠然と研究職に関心があるという程度です。東京大学という、高い水準の学生が全国から集まり切磋琢磨する環境で、私は何がしたいのか、どのように社会に貢献できるのかということを探していけたらと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東大の本番の形式に慣れることができる。また、解答用紙は本番のものととてもよく似ており、模試に慣れると本番でも緊張することなく受けることができる。

Q
東進を選んだ理由
A.

高い合格実績を誇り、質の高い講師が充実しており、スタッフが親身になって話を聞いてくれる環境にあったため。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京大学(文科) 】
東大の過去問に触れることで、その傾向や記述のポイントを理解することができた。

【 東大現代文 】
現代文という学習しにくい科目の解き方の糸口が見つけられた。

【 東大対策地理演習(地誌編) 】
苦手だった地理が分かりやすく解説されており、復習を通じて直前期に大幅に成績を向上させることができた。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 22